÷(ディバイド) / Ed Sheeran

英米ともに記録的なヒットをしているEd Sheeranの最新作。日本でもオリコン5位ですから、ようやく売れてきたかといった印象ですが、海外に比べるとまだまだ小規模すぎて物足りません。
僕自身、彼の音楽はもっと多くの人にシェアされるべきだと思っているのでセールスが気になってしまうわけですけど、正直、今作はどこまでプッシュするほどの内容ではないかな。

世界各国で1位を獲得した「(4)Shape Of You」は、前作からの「Thinking Out Loud」と並んで間違いなくEdの代表曲になる1曲。シンプルながらメロディアスでロマンチックだった「Thinking Out Loud」とは違い、こちらはヒップホップ色の強いトラックで、独特のループとヴォーカルの重なりが印象的で中毒性抜群です。ヒップホップといえば「(1)Eraser」では彼のラップも聴けます。

(4)と同時に公開された「(2)Castle On The Hill」はカントリーテイストの疾走感溢れるアップナンバー。ノスタルジーに包まれるトラックは彼が得意とするものですね。当然のことながら、女性ファンがうっとりできるラブソングも豊富。

一方で、前作で僕のフェイバリットだった「Bloodstream」のような刺激の強い曲はほとんど見られません。「(13)Barcelona」や「(14)Bibia Be Ye Ye」でのカリビアンな音は新鮮でしたけど、僕が求めていたものではなく、全体的には前作よりも落ち着いてしまったような感覚を持ちました。別にアコースティックなサウンドを否定しているわけではないんです。でも、この路線はデビュー作で既にやっているわけですし、もう少しテンポの違う曲が多いとよかったな。中にはMichael Bubleを聴いているような錯覚に陥ってしまう既聴感の強いものもありました。

まぁ、彼の真骨頂はライヴパフォーマンスにあると思っているので、今後ライヴでのアレンジが加えられたり、他アーティストとのコラボでリミックスバージョンが披露されることでアルバム全体の印象が大きく変わってくることは考えられます。

★★★★★★★☆☆☆

◆過去作の評価
「+(プラス)」 ★★★★★★★☆☆☆
「×(マルティプライ)」 ★★★★★★★★★☆

「Castle On The Hill」(US6位、UK2位)と「Shape Of You」(US1位、UK1位)のBrit Awardsパフォーマンス

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

'17 3/10 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Shape Of You / Ed Sheeran <5,1>
(18)2. Chained To The Rhythm / Katy Perry feat. Skip Marley <2,2>
(3)3. I Feel It Coming / The Weeknd feat. Daft Punk <6,3>
(4)4. I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) / Zayn&Taylor Swift <5,4>
(2)5. Bad And Boujee / Migos feat. Lil Uzi Vert <5,2>
(NEW)6. That's What I Like / Bruno Mars <1,6>
(7)7. Closer / The Chainsmokers feat. Halsey <16,2>
(16)8. Love On The Brain / Rihanna <3,8>
(9)9. Bounce Back / Big Sean <3,9>
(5)10. Bad Things / Machine Gun Kelly x Camila Cabello <6,5>


世界中で大ヒット中のEd Sheeranが順当にV3を達成するものの、そこにKaty Perry(ケイティ・ペリー)が肉薄。しばらく2強の戦いになりそうな気もしますが、アルバム発売でポイントの上積みが期待できるEd Sheeranがもう少し粘りそう。

そのKaty PerryはPVが公開されましたね。曲とビデオのイメージからひたすら楽しい内容なのかと思っていましたけど、実は、理想郷にいるようでただ権力者にいいように操られているだけという政治的なメッセージの強い詞だったようで、それを知るとPVのラストでKatyが浮かべる悲しげな表情の理由が解ったような気がします。


6位にはBruno Marsが入ってきました。最新作から「24K Magic」(1位)に続くシングルですが、ひたすらテンションが高かった前曲とは違い、ややピッチを落としたトラックになっています。それでも彼らしいファンキーさは失われていませんし、グラミーでパフォーマンスしたPrinceトリビュートが好評だったタイミングでこの曲をカットしたことがチャート好調の一因かと思われます。

(13)11. Paris / The Chainsmokers <3,11>
(15)12. 24K Magic / Bruno Mars <10,1>
(6)13. Scars To Your Beautiful / Alessia Cara <7,6>
(12)14. False Alarm / The Weeknd <10,6>
(11)15. Fake Love / Drake <8,11>
(8)16. Starboy / The Weeknd feat. Daft Punk <12,1>
(RE)17. Can't Stop The Feeling! / Justin Timberlake <14,1>
(19)18. Fade / Kanye West <14,9>
(14)19. Black Beatles / Rae Sremmurd feat. Gucci Mane <9,2>
(NEW)20. It Ain't Me / Kygo x Selena Gomez <1,20>


11位以下の初登場は、20位のKygoとSelena Gomezのみ。この曲もピックアップしたいところですけど、今週は17位に再登場したJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)のビデオを紹介しましょう。PVは以前載せましたが、アカデミー賞オープニングでのパフォーマンス映像も公式にアップされています。
客席と一体化しての相変わらず見事なパフォーマンス。身体を動かさずにはいられないという曲のテーマが、アメリカ最大の祭典の幕開けに相応しいですね。そして、若手であろうがベテランであろうが関係なく盛り上がれる曲があるというのが今の日本ではあまり考えられず、そのあたりが単純に羨ましく感じました。

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

舞台 / 西加奈子



29歳の葉太はニューヨークで一人旅をしている最中に盗難に遭い無一文になってしまう。しかし、自意識過剰な彼は困っていることを誰にも伝えることができず、何事もなかったような演技をし続ける…。

心の中では明らかに混乱しているのに、平静を演じてしまう。見知らぬ人ばかりのニューヨークだというのに、主人公のカッコつけは一向に止まりません。書店であらすじを読んだ時からこの一点だけでも僕は主人公にただならぬ共感を覚え、絶対に読まなくてはと思いました。

が、実際はあらすじを読んで想像していた内容とはかけ離れていて、しかもそれが好みではない方向に向かってしまっていた感じ。主人公の心情もリアルに描かれているとは思いますが、不快指数が高すぎて全く共感できません。父親との関係も上手く描かれているとはいえず、本当にただの嫌なヤツにしかなっていないんですよね。
作中にも名前が出てくるように、作者は明らかに「人間失格」を意識して書いてはいるんですけど、あちらの主人公が生に絶望するほど悩んでいながら(好き嫌いがはっきり分かれるのは別として…)感情移入しやすい人間だったのに対し、こちらの葉太は悩み方が自分に近いのがかえってどうでもよく見えてしまいます。本や映画は多少脚色されている方が面白くなるんだろうな。

やはり同じような手法で「人間失格」を書いた太宰治は天才だったんだなと再認識しました。

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

今週のWTA (2017年3月第1週)

 <Abierto Mexicano TELCEL>
Lesia Tsurenko(7) - Kiki Mladenovic(2) 6-1, 7-5


インターナショナルシリーズながら、大きな波乱もなく進んだ大会はツレンコが制し、通算3勝目を達成。トップ3シードを立て続けに倒してのタイトルになります。名前は知っているけどプレーはよく知らない、典型的な地味プレイヤーではありますけど、今季はホバートでの準決勝進出やフェドでのガブリロワ撃破などもあり、トータル9勝2敗と好調ですね。

 <Alya WTA Malaysian Open>
Ashleigh Barty - 日比野菜緒 6-3, 6-2


こちらは日本人プレイヤーの日比野が奮闘しました。2回戦で当たる予定だったスビトリナが棄権したラッキーはあったものの、チャンスをしっかり活かすところが日比野らしいというべきか…。もちろん、大坂のように大舞台で上位陣を食う活躍があればもっと注目度が高まるんでしょうけど、実は現役日本人プレイヤーで3度ツアーの決勝の舞台を踏んでいるのは伊達を除くと彼女しかいません(土居は125kのトーナメントも含めると3度になりますが…)。杉山の引退後、ツアータイトルを狙える選手が出てこないというのが日本の課題だっただけに、こういうチャンスに強い選手の存在は頼もしく映ります。

そんな日比野の勢いを止めたのがバーティ。彼女に関しては、弱冠20歳ながらようやく頭角を表してきたかというのが率直な印象。何せ、15歳にして天才少女として期待されていたプレイヤーですからね。確かに以前から才能の片鱗を見せてはいましたが、体格に恵まれているわけではないのでトップクラスにはなかなか通用せず、過剰な期待とのバランスも取れず2014年に一旦ツアーから離れるという発表がありました。正直、バーンアウトの典型のようなものでこのまま引退してしまうのではと思っていましたが、昨年戻ってきて、今年は全豪で3回戦に進出するなど上昇気流に乗っています。これでトップ100入りも果たしましたが、個人的には早いうちにトップ50の壁を破ってきてほしいと思っています。

日本人では他に尾崎と加藤がともにシード選手を破って2回戦進出を果たしました。ライバルの活躍やダブルスの好成績など、様々なプラス要因が重なって日本勢の名前を見る機会が増えたのは嬉しいところです。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

(超個人的)動画配信サービス比較

DVDやブルーレンタルに代わって主流になりつつある動画配信サービス。無料体験も利用しつつ、一昨年あたりから4つのサービスを試してみました。ということで、それぞれの感想をまとめてみます。
ちなみに、視聴デバイスはChromecastやPS3が中心。視聴環境によっては操作性の評価が変わってくる可能性もあります。

Hulu

配信数 ★★★★☆
独自性 ★★★☆☆
操作性 ★★★☆☆
料金 ★★★☆☆
総合 ★★★☆☆

4つの中ではラインナップのバランスが最もよく、特に日テレ系の番組が充実しているのが特長。普段からテレビをよく観る人が初めて配信サービスを利用するのなら、これを押さえておけば問題ないと思います。地上波番組の見逃し配信も充実していますし。
ただ、洋画に関しては質量ともに物足りないかな。
それと、同じ作品でも字幕と吹替えが別扱いになっているため、途中で切り替えたい時に選び直して頭から再生しなくてはならなかったり、PS3で再生しようとするとエラーが頻発するなど、操作系統の不満は残りました。

Netflix

配信数 ★★★☆☆
独自性 ★★★★☆
操作性 ★★★★☆
料金 ★★★★☆
総合 ★★★★☆

基本的にはHuluに近いサービス。数はあちらに劣るものの、独自のコンテンツが魅力的で、特に海外ドラマの豊富さは群を抜いています。Huluよりも操作性もよく、視聴履歴に合わせたおすすめも割と的確で快適です。料金は画質や使用デバイスに合わせて3段階選べるなど親切。
Hulu同様に新作映画の数は少ないですし、配信コンテンツがマニアックなところは人を選びそうですけど、レンタルショップでなかなか見つけられない作品に触れることができるという捉え方もできますね。個人的にはこれが一番気に入りました。

Amazonプライム・ビデオ

配信数 ★★☆☆☆
独自性 ★★☆☆☆
操作性 ★★☆☆☆
料金 ★★★★★
総合 ★★★☆☆

何といっても嬉しいのは料金の安さ。Amazonプライムの会員であれば無料で利用できますし、これだけを目的にしても年会費3,900円ですから月額換算すると325円(税抜)ですよ。
ただ、安さ以外の魅力が乏しいのは否めません。配信数は他と比べると圧倒的に少なく、新着映画探しや検索もしづらいです。PS3で視聴する際の読み込みも若干ではありますが気になるところ。
それでも、やはりこの料金なら利用しない手はありません。Amazonで買い物をすればレンタル割引クーポンを貰えることもあるので、有料コンテンツを利用する機会も増えてきそうです。

U-NEXT

配信数 ★★★★★
独自性 ★★★★☆
操作性 ★★★☆☆
料金 ★★☆☆☆
総合 ★★☆☆☆

映画ファンのためのサービス。月額1,990円(税抜)というのは高めですが、毎月1,000ポイントが付与され、それを使って新作をレンタルしたり、映画館で割引を受けられるのが最大の売りです。雑誌見放題も人によっては嬉しいところかな。
ただ、映画の見放題コンテンツが少ないのが不満。1,000ポイントでレンタルできる新作はせいぜい2本程度であとはさらなる課金が必要になることが多いため、全体的には割高感が漂います。

 <総評>
とりあえず、しばらくはショッピングも含めて利用頻度の高いAmazonプライム・ビデオをメインにしつつ、時間のある時期にNetflixに再契約という使い方になりそう。
正直、余程の作品数を観ない限りレンタルショップよりも高くなってしまうので、まだまだサブの役割を脱することはできないと思いますが、長期休暇中にドラマをまとめ観したり、過去の観た作品を一部のシーンだけ観返したい時など、使い方次第では重要なサービスに化けていきそうな気はします。

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム