2018年1月後半の注目作

▼MUSIC

△1/24【Ctrl / SZA】

新人でありながら昨年各メディアのベストアルバム上位に選出され、グラミー賞にもノミネートされたデビュー作の日本盤がようやくリリース。音的には僕の好みではなかったんですが、味わい深い作品なのは確かで、対訳を読みながらだとまた違った楽しみ方ができそうです。

▼GAME

△1/26【モンスターハンター:ワールド (PS4)】

「FF15」、「ドラクエ11」を上回るセールスが期待されているモンハンの新作。これまでのモンハンは据え置き機であってもグラフィック以外の恩恵が得られずマンネリ化していたように思えますが、今回はオープンワールドということでプレイ感覚も大きく変わってきそう。ベータテストの評判も上々のようなので気になってきました。

▼MOVIE

△1/26【デトロイト】

キャスリン・ビグロー監督の最新作は1967年のデトロイト暴動にスポットを当てた作品。この人の映画は劇場で観るには重すぎるんですけど、「ハート・ロッカー」、「ゼロ・ダーク・サーティ」ともに良作だったので今作もDVD待ちで観賞予定です。

▼DVD

〇1/24【新感染 ファイナル・エクスプレス】
△1/24【ベイビー・ドライバー】

「ベイビー・ドライバー」は映画館へ観に行って、満足度の高かった作品。映画ファンの中にはこれを昨年の年間ベストの中に入れた人も多かったでしょうね。個人的にはブルーレイを買うほどではないものの、もう一度くらい観てみたいという気持ちはあります。

というわけで最優先は韓国初のゾンビ・パニック「新感染」。ゾンビ映画はもはやどれも同じに見えてしまうんですけど、韓国映画の生々しさは日本やアメリカの比ではないので、新たな切り口に期待。
そして、主人公の吹替えを中村悠一が担当しているので、(駄作でなければ)字幕の後に吹替えで観返したいと考えています。

▼PLAY

△1/17【同窓会ディスコ】

劇団マカリスターの最新公演。
井上テテさんの演出は基本的に好きなんですけど、さすがに3作も観ているとペースを落としたくなるし、他の劇団にも触れてみたくなるもの。昨年は中規模の劇場で観劇できたので今年は再び小劇場にも行くつもりですが、今回は見送るか…。

2018年1月前半の注目作

▼MUSIC

△1/12【Camila / Camila Cabello】

Fifth Harmonyを脱退して一年、いくつかのシングルヒットを生み出して盤石の態勢でソロデビュー作がリリースされます。個人的にはシングルもまだピンときていないんですけど、ラテンブームも到来していますし、一定のセールスは記録するでしょう。
国内盤は1/24発売です。

▼GAME

△1/11【ディシディア ファイナルファンタジーNT (PS4)】

PSPでヒットを記録した「ディシディアFF」の続編がアーケードで稼働し、それが今度はPS4に移植されます。
PSP版はやり込み要素も豊富で面白かったんですが、いかんせんあのスピードバトルを携帯機で遊ぶには無理があったんですよね。アーケード版は未プレイですがスピードは抑えてあったので、幾分遊びやすくなっているんじゃないかな。

▼MOVIE

△1/5【キングスマン:ゴールデン・サークル】

「007」とはまた違う、イギリス流の紳士スパイアクションの2作目。前作のヒットを受けて今回はジュリアン・ムーアやチャニング・テイタムなど豪華キャストが揃いました。それで面白くなるかはともかく、話題性はじゅうぶんですね。

▼DVD

△1/10【セールスマン】

アカデミー外国語映画賞を受賞したイラン映画。ストーリー的にも興味深いものですし、この監督の作品は「別離」も面白かったので、秘かに期待しています。

2017年12月後半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
今年の大物リリースもEminemとN.E.R.Dで終わりかな。年末にベストシングルとベストアルバムを発表しますが、今年は不作で特にアルバム選びは苦労しそう。昨年、BeyonceやKanye Westといった傑作が出た反動が出た感じでしたね。

▼GAME

△12/21【大神 絶景版 (PS4)】

「大神」は何度リマスター版が出るんでしょう。PS2とWiiから始まり、PS3→PS4とHDリマスター化されています。僕はWii版を途中で止めてしまいましたが、今年セールでPS3版を購入。遊ぶものがなくなったら手を着けようと思いつつ半年積んでいますけど、来年には始めるつもりです。

▼MOVIE

該当作なし。「スター・ウォーズ」を観たことがない僕にとっては正月映画などないに等しく、ここはDVDレンタルや動画配信がメインになりそう。
先日、TSUTAYAプレミアムの借り放題サービスを利用してみましたが、NetflixとAmazonプライムに登録している今は、旧作のみのTSUTAYAプレミアムは魅力薄ですね。どちらかというと定額の動画配信で補えない新作をTSUTAYAでカバーしている状態でしたから。

▼DVD

〇12/20【ダンケルク】
〇12/20【スパイダーマン:ホームカミング】
〇12/22【おそ松さん 第2期 第1松】

DVDの方は年末商戦の時期に話題作が続々と発売されますね。
「ダンケルク」と「スパイダーマン」は今年を代表する大作映画。できれば映画館クラスの大画面&大音量で楽しみたいところ。特に「ダンケルク」はスマホやタブレットで観ても魅力が2割も理解できないはずです。

「おそ松さん」は、この第1松の時点ではまだ面白いと言えるところまでいっていなかったのと、ブルーレイだとAmazonでも5,000円超えという価格で躊躇していますが、イベントのダイジェスト映像も収録されているし、いつかは買ってしまうんだろうな。現在は1期のブルーレイを少しずつ揃えているところです。

2017年12月前半の注目作

▼MUSIC

〇12/15【NO_ONE EVER REALLY DIES / N.E.R.D】
〇12/15【Revival / Eminem】
△12/1【War & Leisure / Miguel】
△12/1【Greatest Hits / Pitbull】

N.E.R.DとEminemが個人的年末のメイン。N.E.R.Dは何だかんだ好きなアルバムが多いですし、Eminemは好きなMCではないんですが、話題性は相当高そうなので、優先的に聴きたいところ。
Pitbullは本当なら夏に聴きたいアーティストなんですけどね…。海外ではクリスマスや年越しのニュー・イヤーズ・パーティーでもこの手の音楽を流すんでしょうか。

▼GAME

〇12/1【ゼノブレイド2 (Switch)】
△12/7【L.A.ノワール (PS4)】
△12/7【L.A.ノワール (Switch)】

気にはなりながら遊ぶ機会のなかったゼノブレイドシリーズですけど、Switchなら今後購入予定もあるし、チャンスがあるかもしれません。

「L.A.ノワール」はオリジナルのPS3版を4年前に遊んで積んでしまったんですが、今回はDLCを完全収録した完全版で発売。PS4版はパワーアップしたグラフィック、Switch版は新たな操作が魅力的ですね。ゲームとしては快適性に難があったものの、ノワール小説をそのまま映像化したような空気感は新時代を思わせるにじゅうぶんなクオリティでした。これを機に再開してみようかな。

▼MOVIE

〇12/8【オリエント急行殺人事件】

豪華キャストが話題の映画の前に、あまりに有名なアガサ・クリスティの原作からと手を出してみたんですが、「ドラクエ11」にハマりすぎたせいで読書タイムが激減し、いまだ読み終えることができていません。公開までには何とか!

▼DVD

△12/2【ワンダーウーマン】
△12/6【光】

マーベルに大きく水をあけられていたDCコミックが、挽回とばかりに送り出した「ワンダーウーマン」が日本でもパッケージ化。記録的なヒットになっていた全米と比較すると、日本での注目度は低かったですが、「バットマンvsスーパーマン」でも主役たち以上に存在感を示していたので楽しみにはしています。

▼PLAY

◎12/1【クラウドナイン】

小さな役ながら、僕が観る映画やTVドラマに大抵出演している三浦貴大。彼の演技をもっとちゃんと見てみたいと思っていたところ、舞台に出演すると知り、勢いでチケットを入手してしまいました。
他のキャストは特別見たいわけではなかったので、ちょっと早まったかなという気持ちも残るものの、あらすじを見る限りなかなか変てこりんな作品のようで、少しずつ楽しみになってきました。

2017年11月後半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
Apple Musicで聴こうと思っていたTaylor Swiftですが、現段階ではまだストリーミングはなし。ストリーミングが後発と知っていたらCDを買ったかもしれないのにという思いもありますが(自分が知らなかっただけで事前情報はあったのかも)、出遅れてしまった今、ストリーミング開始を辛抱強く待ち続けようと思います。

▼GAME

△11/22【逆転裁判4 (3DS)】
△11月下旬【どうぶつの森 ポケットキャンプ (iOS)】
※追記:後日、11/22配信と発表されました

「逆転裁判4」はDS版のリメイク。廉価版を除くとシリーズ最高セールスを誇りながら、評判はこれを境に下降してしまった微妙な立ち位置の作品。確かに最高のエンディングを迎えた「3」の後では物足りなさの方が大きかったです。とはいえ、これで3DSで全作品が遊べるようになりました。

「どうぶつの森」はこれまでシリーズ4作をプレイしてきた身としては気になるところですが、プレイ人口以外とグラフィックでスマホアプリが携帯ゲームを上回る可能性は低いと思うので、過度な期待はしないことにします。

▼MOVIE

△11/18【ローガン・ラッキー】
△11/23【ジャスティス・リーグ】
△11/25【光】

やはり「ジャスティス・リーグ」でしょう。DCコミックスは「マン・オブ・スティール」や「バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生」の評判がいまいちでマーベルに水をあけられていましたが、「ワンダー・ウーマン」の大ヒットで持ち直し傾向にあるところ。今作の出来が気になるところですけど、まずは未見の「ワンダー・ウーマン」から観てみます。

▼DVD

該当作なし。
せっかく仕事が落ち着いている時期なのに、10月半ばに新作をまとめてレンタルして以来、映画の観賞ペースが一気に落ちてしまいました。Netflixでドラマを観るのに手一杯。しかし、近所のレンタルショップがなくなっては大変と日頃言っているのに、動画配信の楽さに慣れてしまうと店に行くのも億劫になってしまいますね。TSUTAYAさんには魅力的なキャンペーンをどんどん実施してもらいたいところ。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本