ウィンブルドン2017 3回戦

Angelique Kerber(1) - Shelby Rogers 4-6, 7-6(7-2), 6-4
Simona Halep(2) - 彭帥 6-4, 7-6(9-7)
Elina Svitolina(4) - Carina Witthoeft 6-1, 7-5
Caroline Wozniacki(5) - Anett Kontaveit 3-6, 7-6(7-3), 6-2
Johanna Konta(6) - Maria Sakkari 6-4, 6-1
Svetlana Kuznetsova(7) - Polana Hercog 6-4, 6-0
Ana Konjuh(27) - Dominika Cibulkova(8) 7-6(7-3), 3-6, 6-4
Agnieszka Radwanska(9) - Timea Bacsinszky(19) 3-6, 6-4, 6-1
Venus Williams(11) - 大坂なおみ 7-6(7-3), 6-4
Jelena Ostapenko(13) - Camila Giorgi 7-5, 7-5
Garbine Muguruza(14) - Solana Cirstea 6-2, 6-2
Caroline Garcia(21) - Madison Brengle 6-4, 6-3
Coco Vandewegne(24) - Alison Riske 6-2, 6-4
Victoria Azarenka - Heather Watson 3-6, 6-1, 6-4
Magdalena Rybarikova - Lesia Turenko 6-2, 6-1
Petra Martic - Zarina Diyas 7-6(8-6), 6-1


荒れた2回戦の反動のように静かな3回戦。
安定感を取り戻したスヴェタは、苦手な芝でもいいテニスをしていますね。このあたりまで来ると期待し始めて、その直後にコロッと負けるというのが続いているので、今後も無視し続けようと思います。と言いつつ、こうやって少しずつ触れてしまうんだなぁ。

全仏のファイナリストであるオスタペンコとハレプもしっかり勝ち上がっています。経験のあるハレプはともかく、オスタペンコがこれだけ環境が変わった中で調子を維持していることがすごいですね。
2010年代に突入してから女子では10人の新しいGSチャンピオンが誕生しているんですが、このオスタペンコと、優勝直後に引退を表明したバルトリとペンネッタを除くと、初タイトルの次のGSではほとんど全員が散々な結果に終わっています。
参考までにリストを挙げてみました。カッコ内が初GSタイトルのトーナメント、その後ろが翌GSでの成績です。

スキアボーネ(2010全仏) 1回戦敗退
李娜(2011全仏) 2回戦敗退
クヴィトワ(2011ウィンブルドン) 1回戦敗退
ストーサー(2011全米) 1回戦敗退
アザレンカ(2012全豪) 4回戦敗退
ケルバー(2016全豪) 1回戦敗退
ムグルザ(2016全仏) 2回戦敗退


これを見るだけでもオスタペンコの4回戦進出がいかにすごいことか判ります。しかも、彼女の場合全仏からウィンブルドンという、全く性質の異なるハードにたった3週間で対応してみせたわけですからね。同世代にはコニュ、カサッキナ、大坂といった注目株がいて、一時は後れを取っていましたが、完全に主役の座に躍り出ました。

さて、ここからいよいよ本番。好カードが続きます。
ケルバーvsムグルザ
ハレプvsアザレンカ
スビトリナvsオスタペンコ
スヴェタvsラド姉
など、観たい試合ばかり。個人的にはスヴェタとラド姉の対戦がもったいないですけど、どちらかが準々決勝に進んでくれると考えればいいか…。ラド姉は下手をすれば2回戦で姿を消していたわけですし。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

ウィンブルドン2017 1、2回戦

元世界ランク5位の34歳、ダニエラ・ハンチュコワが引退を表明しました。エナンやヒンギスを破って衝撃の優勝を果たした2002年のインディアンウェルズから、もう15年が経ちましたか…。ちょうどクルニコワとシャラポワの間の世代の美人プレイヤーとして登場し、その二人のようなゴージャスさとは違う控えめなイメージと、杉山愛のダブルスで実績を残したことで日本でも人気があった選手。お疲れ様でした。

 <First Round>
Arina Rodionova - Anastasia Pavlyuchenkova(16) 3-6, 7-6(8-6), 9-7
Petra Martic - Daria Gavrilova(20) 6-4, 2-6, 10-8
Solana Cirstea - Kiki Bertens(23) 7-6(7-4), 7-5
Carina Witthoeft - Mirjana Lucic-Baroni(26) 6-3, 5-7, 8-6
Varvara Lepchenko - Lauren Davis(28) 6-4, 7-5
Viktorija Golubic - 張帥(30) 6-3, 6-7(2-7), 6-1
Kristyna Pliskova - Roberta Vinci(31) 7-6(8-6), 6-2


シードダウンこそ多いものの、驚きはありませんね。というわけでこのゾーンはスキップ。

Madison Keys(17) - 日比野奈緒 6-4, 6-2
大坂なおみ - Sara Sorribes Tormo 6-3, 7-6(7-3)
Kirsten Flipkens - 土居美咲 6-4, 6-3
Denisa Allertova - 尾崎里紗 7-6(7-5), 2-6, 6-3
Francoise Abanda - 奈良くるみ 6-2, 6-4


日本勢で初戦突破を果たしたのは大坂のみ。日比野以外は全員ランキングが下のプレイヤーとの対戦だったので、あと2人くらいは勝ち上がってほしかったところです。

土居は腹筋の故障のために芝の前哨戦をスキップ。ぶっつけ本番で臨んだわけで、調整不足は否めませんでしたね。武器となるフォアハンドも恐る恐る打っているような感じがあり、得意の回り込みがほとんど見られなかったのが残念。第1セットの中盤から調子を上げてはきたものの、第2セットでいきなりブレイクしてから再び失速し、そこからはなかなか連続ポイントに繋げられませんでした。簡単なボレーでのミスも目立ち、ハマればとことん強いけど一つ崩れると立て直しが利かない土居の弱点が露呈した一戦でした。

 <Second Round>
Magdalena Rybarikova - Karolina Pliskova(3) 3-6, 7-5, 6-2
Madison Brengle - Petra Kvitova(11) 6-3, 1-6, 6-2
Alison Riske - Kristina Mladenovic(12) 2-6, 6-4, 6-4
Victoria Azarenka - Elena Vesnina(15) 6-3, 6-3
Camila Giorgi - Madison Keys(17) 6-4, 6-7(10-12), 6-1
Heather Watson - Anastasija Sevastova(18) 6-0, 6-4
彭帥 - Carla Suarez Navarro(25) 6-2, 6-2
Anett Kontaveit - Daria Kasatkina(29) 6-3, 6-2
Shelby Rogers - Lucie Safarova(32) 6-7(4-7), 6-4, 6-3

何と2回戦でチェコ勢が全滅ですよ!
優勝候補のカロリナ・プリスコワとクヴィトワがここで姿を消す波乱がありました。これで一気に優勝の行方が分からなくなりましたね。現時点でここで優勝経験があるプレイヤーがヴィーナスしかいなくなり、今回も荒れそうな流れができてきました。さらに今季好調のムラデノビッチや、芝で実績のあるキーズも敗れています。

そして、マテック・サンズがネット際で逆を突かれた際に転倒し、負傷したことがニュースになっていました。動画を見ましたけど、本当に直視できないほどの大怪我。対戦相手のシルステアの動転した様子や、ダブルスパートナーのサファロワの泣き腫らした顔からも事態の深刻さが伝わってきました。簡単ではないでしょうが、早い回復を心から祈ります。
それと、関係あるかどうかは判りませんが、今年は芝の状態がよくないようですね。18番コートで対戦していたリスケとムラデノビッチは、芝に穴が開いていたために中断を申し入れていたんだとか。自然と戦うのがテニスの魅力の一つとはいえ、怪我が多発するようでは大問題。大会が進むにつれ芝がどんどん剥げてくるだけに、心配なところです。

大坂なおみ - Barbora Strycoka(22) 6-1, 0-6, 6-4

楽しみにしていた試合ですが、見事に録画に失敗しました…。対照的なプレースタイルの二人で、出入りの激しい展開だっただけに、余計に気になります。
大坂は既にヴィーナス戦まで観ましたけど、1回戦に比べるとプレーの質が上がっていました。1回戦は速いペースのラリーについていけない時もありましたし、ネットに詰められる場面でも躊躇して無駄にラリーが長引いてしまうこともありましたが、やはり相手が強くなるほど思い切りがよくなってレベルが上がる人ですね。今後が本当に楽しみです。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

Aegon International Eastbourne

 <Quarterfinals>
Johanna Konta(5) - Angelique Kerber(1) 6-3, 6-4
Caroline Wozniacki(6) - Simona Halep(2) 5-7, 6-4, 6-1
Karolina Pliskova(3) - Svetlana Kuznetsova(7) 6-7(7-9), 6-2, 6-4
Heather Watson - Barbora Strycova 6-1, 1-6, 6-4

 <Semifinals>
Karolina Pliskova(3) - Johanna Konta(5) walkover.
Caroline Wozniacki(6) - Heather Watson 6-2, 3-6, 7-5

 <Final>
Karolina Pliskova(3) - Caroline Wozniacki(6) 6-4, 6-4


トップ2シードは準々決勝で敗退。そんな中でカロリナ・プリスコワが優勝し、ウィンブルドン後のナンバーワン争いで大きくリードしました。昨年ウィンブルドン準優勝のケルバー、ベスト8のハレプと比べると、2回戦敗退だったプリスコワは守るポイントが圧倒的に少ないので、かなり有利な状況と言っていいでしょう。重心の高いストロークのフォームや、走り回らない省エネテニスを見るとどうしてこんなに安定して勝てるのか謎ですけど、ケルバーやハレプのようなしっかりとした守りから攻勢に転じるプレイヤーがナンバーワン争いに加わっている現状では、彼女のような超攻撃型というのはかえって新時代の到来を感じさせます。

それにしても、今季のウォズニアッキは準優勝トロフィーのコレクターになりつつありますね。プレミアトーナメントで4大会目の決勝進出というのは上出来ではありますけど、優勝には届かず。今年は10年連続のツアータイトル獲得という記録が懸かっているんですが、案外こういう好調なシーズンに途切れてしまったり…。ま、ウィンブルドン後は得意の北米ハードなので、今後に期待します。

他は芝を得意とするプレイヤーたちが存在感を示し始めていて、納得の顔ぶれ。唯一、ラドワンスカ姉の初戦敗退だけが気掛かりですけど、ラド姉は好調のシーズンだもウィンブルドンの前哨戦はいまいちということも珍しくないので、いい調整期間だったと信じたいところ…。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

ウィンブルドン2017展望

ドローが出ましたね。セリーナがいないと一気に混戦になる状況は変わらず。しかし、クヴィトワがある程度調子を戻して、アザレンカも復帰を果たした今回は、全仏ほどは荒れることはなさそうです。

▼ケルバー(1)、ムグルザ(14)、バーテンス(23)、サファロワ(32)、土居
最近2年間でセリーナとタイトルを争った二人のファイナリストが、セリーナ不在のウィンブルドンで優勝を狙います。
が、両者とも今季は好調とは言い難く、恵まれたドローの中でも勝ち進めるかは微妙なところ。芝の適性という点ではケルバーですが、ムグルザには最近4連敗中と相性がよくないので、厳しい戦いにはなりそうです。
土居の初戦の相手はフリプケンス。フリプケンスも芝に合ったトリッキーなテニスをしますけど、土居も芝なら結果を残したいところでしょう。

▼スヴェタ(7)、ラドワンスカ(9)、バシンスキー(19)、デイヴィス(28)、マカロワ、ヤンコビッチ
ここは予想困難。スヴェタとバシンスキーはクレー寄りのプレースタイルなので、本来ならラドワンスカを本命に置きたいところですけど、イーストボーンでも全くいいところがなく、不安を残したまま本番を迎えることになってしまいました。今大会、初戦からヤンコビッチというのも(とはいえ、今の彼女に負けるようでは到底上位進出は見込めませんが…)、マカロワやレプチェンコといったレフティがいるのも嫌な要素です。

▼カロリナ・プリスコワ(3)、パブリチェンコワ(16)、ガブリロワ(20)、張帥(30)、ゲルゲス、尾崎
ここはビッグ・サーバーのプリスコワが大きくリードか。パブリチェンコワとガブリロワは芝向きではないので、むしろ張帥の方が対抗馬に相応しいと思います。昨年の土居のように粘り強く、かつ積極的なストローク戦に持ち込めればチャンスが生まれるんじゃないでしょうか。
とはいえ、この一年ですっかり安定感を増し、ネットプレーも落ち着いているプリスコワを見ていると、よほどサービスが大崩れしない限りベスト8は堅い気がしますね。

▼ウォズニアッキ(5)、ムラデノビッチ(12)、バンダウェイ(19)、カサッキナ(29)、ピロンコワ、スティーブンス
イーストボーン準優勝のウォズニアッキ、成長著しいムラデノビッチ、強力なサービスで芝と相性のいいバンダウェイといった有力選手が揃ったブロック。個人的にはウォズニアッキを応援していますが、プリスコワを倒す可能性が高いのは爆発したバンダウェイかな。

▼シブルコワ(8)、ヴィーナス(10)、ストリコワ(22)、コニュ(27)、大坂、リシキ
ここは予想が難しいですね。
ウィンブルドンで最も実績のあるヴィーナスは、直前に自動車で死亡事故を起こしてしまったというニュースが流れ、テニスに集中できるのか分からない状態。そうなると、芝に合ったオールラウンドなテニスを見せてくれるストリコワが有力ですかね。順当にランキングを上げているコニュも侮れませんが。
大坂の強力な1stサービスは芝で活きると思いますが、サーブスピードの割にポイント獲得率が高くないのと、ネットプレーやフットワークに難があるため、いきなり活躍とはいかないかなと予想します。とりあえず初戦突破は果たしてもらいましょう。

▼スビトリナ(4)、オスタペンコ(13)、キーズ(17)、ルチッチ(26)、バーティ、奈良、日比野
スビトリナは初戦からバーティという厳しいドローになってしまいました。元々芝向きではないイメージはありますし、1コケの危険性もはらんでいます。
そして、一躍トップ選手の仲間入りを果たしたオスタペンコも、全仏後の環境の変化に対応できているか未知数。それでも本人は芝が得意と発言していますし、あのタイトルで得た自信の方が上回ってくるようなら可能性はあるかもしれません。
ま、でもここは無難にキーズ予想で。バーティにもチャンス有。

▼コンタ(6)、クヴィトワ(11)、ガルシア(21)、ヴィンチ(31)、ベキッチ
本命は2度の優勝経験があるクヴィトワ。バーミンガムで優勝して、復帰直後の調整不足という心配も払拭。間違いなく優勝候補の一角を担う存在です。しかし、ハマらないとおかしな負け方をすることもあるのがクヴィトワなので、ノーマークのプレイヤーにコロッと負ける可能性も否定できません。
対抗馬はコンタ。ある程度は勝ち進みそうですけど、前哨戦の結果を見る限り優勝争いに絡むほどではなさそう。

▼ハレプ(2)、ベスニナ(15)、セバストワ(18)、カルラ(25)、プチンツェワ、ベリス、ブシャール、ボンドロウスカ、アザレンカ
念願のGSタイトル&ナンバーワンの座まであと1勝と迫りながら全仏決勝で敗れたハレプ。もちろん今大会後の結果次第ではナンバーワンのチャンスがありますが、それには最低でもベスト8が必須。しかし、それまでには年齢、プレースタイルもバラバラの強者が待ち受けています。もちろんハレプにそこを突破する力はありますけれど、かなり消耗しそう。
芝季から復帰を果たしたアザレンカはベリスと対戦。バーミンガムのアザレンカは本調子には程遠い感じでしたが、それから1週間強でどこまで戻してきているか気になるところです。

今回はプリスコワとクヴィトワのチェココンビが決勝の有力カード。どちらも強力なサービスとストロークを持ち、ネットプレーもできる攻撃型なので、芝では脅威となるはずです。
個人的な希望決勝カードはラド姉vsハレプですが、今回は無理っぽいか…。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

Aegon Classic Birmingham

 <Quarterfinals>
Petra Kvitova(7) - Kristina Mladenovic(5) 6-4, 7-6(7-5)
Garbine Muguruza(6) - CoCo Vandeweghe 4-6, 6-4 ret.
Lucie Safarova - Daria Gavrilova 6-7(4-7), 6-3, 7-6(7-5)
Ashleigh Barty - Camila Giorgi 5-2 ret.

 <Semifinals>
Ashleigh Barty - Garbine Muguruza(6) 3-6, 6-4, 6-3
Petra Kvitova(7) - Lucie Safarova 6-1, 1-0 ret.

 <Final>
Petra Kvitova(7) - Ashleigh Barty 4-6, 6-3, 6-2


クヴィトワが復帰2戦目にしてタイトルを獲得。決して得意とは言えない全仏にぶっつけで出場した時には疑問しか沸きませんでしたが、結果的にあれがいい調整になったのかもしれませんね。
芝を得意とするケルバーは調子が上がらない上に故障で欠場、ハレプは全仏を2週間戦い抜いたために回復と調整に時間が必要でしょうし、そうなると復帰間もないとはいえ、クヴィトワはウィンブルドンでも優勝候補から外せなくなりそうです。

そして準優勝のバーティ。
バーンアウトのような形で2年ほどツアーから離れた時は、まさかここまで早々に結果を残してくるとは思いませんでした。クアラルンプールでのツアー初優勝に続き、今回はプレミアでの決勝進出。3月にトップ100の壁を破ったと思ったら、あっという間にトップ50入りも果たしそうな勢い。老練で引き出しの多いテニスは芝で本領を発揮しそうですから、ドローに恵まれればウィンブルドンでもダークホースとなるかもしれません。

裏のマヨルカで復帰を果たしたアザレンカは、初戦で尾崎と対戦。尾崎は勝利目前まで迫ったものの、あと一歩が及びませんでした。アザレンカの方も2回戦でコニュに完敗していて、まだ本調子にはほど遠いかな。今回ノーシードで挑む彼女次第でウィンブルドンはかなり荒れるんじゃないかと予想していたんですけど、いきなり上位進出できるほど甘い世界ではないか…。

ちなみに、このマヨルカではセバストワが自身2つ目のタイトルを獲得しました。昨年も準優勝ですから、この大会との相性はよさそうですね。
個人的にはゲルゲスの優勝が期待していたんですが、久々にいい勝ち上がりを見られただけでもよしとします。

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本