ドラゴンクエスト特集(後編)

昨日の続き。

5. ドラゴンクエスト10 オンライン (Wii)
シリーズ初にして、現時点では唯一のオンラインゲーム(MMO)。シリーズでトップクラスのプレイ時間を誇りながら唯一エンディングに到達できなかった作品でもあります。
ドラクエの共通言語や、ソロプレイでもちゃんと遊べるバランス調整のおかげで長く遊べましたが、片手間には遊べないのでやっぱり自分にMMOは向かないなと再認識させられた一本でもありました。

4. ドラゴンクエスト3 そして伝説へ …(FC)
GBカラー版でクリア。
ロト三部作の最終章にあたる作品。一般的にはこれが一番人気なんじゃないでしょうかね。発売日には店の前に朝から行列ができ、社会現象にもなりました。発売当時、僕は中学生だったので、初めてリアルタイムに楽しめたドラクエという点でも印象深い一本です。
キャラクタークリエイトの面白さを教えてくれたのも、セーブデータが消える恐ろしさを教えてくれたのもこのソフトでしたね~。

3. ドラゴンクエスト4 導かれし者たち (FC)
主人公以外のプレイヤーキャラの名前が固定されたシナリオ重視の作品。章仕立てとなり、各章でキャラクターへの思い入れを高めてから最終章で全員が集まる展開はドラマチックでした。シリーズ初のAI戦闘で、ボス相手にザラキを連発するクリフトにイライラしたのも良き思い出です。

2. ドラゴンクエスト9 星空の守り人 (DS)
シリーズでは初となる携帯機での本編となった「9」は、DSの特性を活かしたすれ違い通信が面白く、延々と遊べてしまいました。
1位と2位は最後まで迷いましたが、武器となるすれ違う通信の性質上、田舎ではこのシステムを十分に楽しめないので2位に落ち着きました。それと、ストーリー性の薄さですね。僕はクエストをこなすタイプのRPGが好きなので気になりませんでしたけど、比較的新しい作品にもかかわらずエピソードをほとんど覚えていないのは確かです。

1. ドラゴンクエスト8 星と海と大地と呪われし姫君 (PS2)
そして1位がこれ。ハードが大きくパワーアップしたにもかかわらず見た目の印象がさほど変わらなかった「7」の反省を活かしてか、この「8」では演出面が大きく進化。キャラクターが活き活きと動く様子を見ただけでも興奮しました。これが後の「ヒーローズ」やPS4版「11」に繋がっているわけですね。
グラフィックだけでなく、やり込み甲斐のあるスキルや錬金釜システムも含めてゲーム部分がしっかりしていて、シリーズ集大成と呼びたくなる傑作でした。



こうやって改めてランキングにするというのは結構楽しい作業で、他のシリーズでもやってみたいところですが、ドラクエのようにシリーズの大半を遊んでいるゲームってそもそもないんですよね。次に企画するとしたら国民的人気シリーズの「ファイナルファンタジー」か「スーパーマリオ」、そして個人的に好きな「ファイアーエムブレム」あたりでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ▼ゲームの話
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本