おそ松さん お気に入りエピソード

年末に初めて観てドハマりした「おそ松さん」。10月から第2期放送が決定し、1期の再放送も前半が終わった今でもNetflixやHuluで観返してしまうほど気に入ってしまいました。というわけで、今回は備考録がてら気に入っているエピソードを挙げてみようと思います。

5. トド松と5人の悪魔(第7話)
あざといトド松は基本的には好きなキャラではないんですけど、このエピソードは兄弟を出し抜いてリア充の仲間入りをしようとする彼のドライモンスターっぷりが存分に出ていました。顔芸も秀逸。

4. 面接(第15話)
十四松の主役回ですね。悪ふざけが過ぎるのに不思議と笑えてしまったのは彼のキャラクターのおかげ。

3. 風邪ひいた(第14話)
最近好きなのがこれ。風邪が治ったメンバーが代わる代わる他の兄弟の看病をしようとするんですが…。
ベストはおしぼりをあげるだけでSっ気全開になる一松ですね。ドSなのにちゃんと優しいことばをかけるところや、冒頭のかわいいくしゃみもツボでした。
そして、ずっと一言も喋らず爆睡していたのに突如覚醒する十四松でトドメを刺されます。

2. 自立しよう(第4話)
6つ子の個性が最初に発揮されたのがこの回。両親の離婚話により経済的な危機に立たされた6人が、母親に引き取られるために面接を受けるわけですが、個々の主張が本当に酷い!(←誉め言葉です) お母さんもすべてがぶっ飛んでいて、まさに「この親にしてこの子あり」ということばがしっくり来る内容でした。

1. 恋する十四松(第9話)
ギャグ路線が強い「おそ松さん」の中では珍しくシリアスなラブストーリーで、十四松の繊細な面が見える秀作です。さらに彼女の正体や裏設定など、深読みできる要素も満載で、ネット上で解釈を見るだけでも楽しめました。
他のエピソードほど繰り返し観たいわけではないんですが、僕が本気で「おそ松さん」ファンになったきっかけなので、当然の1位です。

他にも、一松の意外な一面と、カラ松の兄弟に対しての優しさが伝わってくる「一松事変」(第16話)、一松と十四松の狂気に戦慄&爆笑する「スクール松」(第19話)など、好きなエピソードは山ほどあります。十四松推しとしては当然「十四松まつり」(第17話)も推したいところ。特にカラ松とパチンコに行く話が好きですね。

兄弟ランクは
1. 十四松
2. カラ松
 ↓
3. 一松
 ↓
 ↓
4. おそ松
5. トド松
6. チョロ松

といったところかな。
カラ松は代表的なエピソードこそ少ないんですが、「トド松のライン」の冒頭や「六つ子に生まれたよ」など、シーンで印象に残るものが多いのが特徴。

それと、アニメの本放送と連動し、イヤミ役の鈴村健一がパーソナリティを務めたWebラジオの「シェーWAVEおそ松ステーション」もいいですね。中村悠一がゲストの第3回はさすが声優と唸ってしまう芸達者なトークと、本人たちも堪え切れない笑いにこちらまでニンマリしっぱなしで、何度も聴いてしまいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本