2017年6月前半の注目作

▼MUSIC

〇6/9【Witness / Katy Perry】

Katy Perryのニューアルバムがリリース。前作「Prism」からはヒット曲こそ生まれたものの、あまり話題にならずに終わってしまった作品でした。女性ポップ・アーティストは短命で、2枚くらいアルバムヒットが続くとその後の方向性に迷いが出がちですけど、Katyは先行シングルを聴く限り大きな路線変更はなさそうですね。個人的には先行シングルが好きなので、歓迎していますが…。

▼GAME

△6/1【鉄拳7 (PS4)】

久々に3D格闘の新作を遊んでみたいと思っていたところでの「鉄拳7」発売。格闘ゲームの中で僕は「鉄拳」シリーズが強くて、十数年ぶりに本格復帰した「鉄拳レボリューション」でのオンライン対戦もなかなかの勝率を誇っていたのでやり込んでみたいですが、どちらにしろハードを持っていないので購入は見送ります。

▼MOVIE

△6/10【セールスマン】

今年のアカデミー外国語映画賞を受賞した作品が日本でもいよいよ公開されます。日本ではなかなか観られないイラン映画であり、10年前に読んだアーサー・ミラーの「セールスマンの死」が物語に絡んでいるということで、いろいろな意味で興味深い一本。
当初はDVDスルー予定でしたけど、近所のシネコンでも上映が決定したので、機会があれば観るかもしれません。

▼DVD

△6/2【誰のせいでもない】
△6/2【ドクター・ストレンジ】
△6/7【フェンス】

優先するほどではないものの気になる作品がいくつかDVD化。
主演がベネディクト・カンバーバッチということもあり最初は興味のなかった「ドクター・ストレンジ」は、斬新な映像表現がネット上で話題になっていたので、それを目当てに観てみるつもりです。

「フェンス」はアカデミー賞で主要4部門にノミネートされながら日本では劇場未公開となってしまった不遇の作品。「ムーンライト」こそアカデミー作品賞効果でそこそこ話題になったものの、やはり日本人は黒人文化に対する興味が薄いということなんでしょう。

▼PLAY

△6/2【狼狽】

やましげ不在&客演も魅力薄なので今回もスルーですが、毎回深みのある作品を届けてくれる劇団カムカムミニキーナの本公演。
舞台は1月に「世界」を観たのが最後なので、そろそろ今年2作目に臨みたいところなんですけど、せっかくのタイミングなのになかなか観たいと思える作品がないのが残念。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本