バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 他

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生 ★★★★★★☆☆☆☆
世界観はバットマンなんですが、監督がザック・スナイダーなので細かい仕掛けというより迫力のある映像で惹き込むタイプ。予想していましたけど、「マン・オブ・スティール」寄りですね。全体的に大味ですけど、バットマンがバットモービルに乗って戦うシーンなどは、その迫力がプラスに働いていて楽しかったです。
ただ、いかんせん展開が唐突すぎ。あれだけの要素を盛り込むには150分の尺でも足りるはずもなく、人物の背景を描くのは諦めたのか設定も彼らの関連性も何も見えてきません。まぁ、さすがにこれを観る人はバットマンとスーパーマンくらいは知っているでしょうけど、ワンダーウーマンの登場シーンには誰?ってなりましたよ。バットマンとスーパーマンの力の差も本来ありすぎるので、それもまた緊張感を削ぐ原因かも。
個人的にはベン・アフレックのバットマンに違和感が残りました。これまでに比べてバットマン姿がいかつすぎるんですよね。

◆関連作の評価
「ダークナイトライジング」 ★★★★★★★★★☆
「マン・オブ・スティール」 ★★★★★☆☆☆☆☆

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン ★★★★★★☆☆☆☆
前作は純粋にお祭り映画として楽しめたんですが、今回はパワーダウンは否めません。多くの要素を詰め込みすぎだし、自分たちできっかけを作っておいて解決したらめでたしめでたしのご都合主義など、ハリウッド映画の悪い面が出てしまっている感じ。
正直、今回はアイアンマンとハルクがいればいい作品です。ソーやキャプテン・アメリカの存在も地味ですし、メンバーの力の差がありすぎるため、ブラック・ウィドウやホークアイの扱いは酷いの一言。特にホークアイは出番こそ増えているものの大きな見せ場もなく、セリフが増えた分、以前の渋みも消えてしまいました。そもそも弓矢は白兵戦に弱いんだから、もっとサポートキャラクターとしての魅力を発揮させてほしかった…。
そういう意味では、今作はマキシモフ姉弟の存在が大きいですね。スカーレット・ウィッチは敵に回すと脅威ですし、クイックシルバーの素早い動きの表現もかっこよかったです。しかし、実は彼らはX-MENからの参戦のようなんですけど、大人の事情で公にはされず。登場はするけど本来の設定が活かされない、このあたりの中途半端さが作品のお祭り気分を醒めさせてしまった一因かと思います。

◆前作の評価
「アベンジャーズ」 ★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本