JSA 他

JSA ★★★★★★★★★☆
シン・ハギュン出演作品が急に観たくなってレンタルしましたが、それ以上にソン・ガンホ、イ・ビョンホン、イ・ヨンエという強力すぎる布陣。そして、復讐三部作でお馴染みのパク・チャヌク監督が、それ以前にこんな傑作を生みだしていたとは…。
舞台は朝鮮半島を南北に分断するJSA(共同警備区域)。そこで北朝鮮側の兵士が殺され、韓国側の兵士が容疑者として取り調べを受けるところから映画は始まります。サスペンスっぽい謎だらけの展開に面食らうも、次第に明かされる真相にあっという間に惹き込まれました。
サスペンスのようでも根底に描かれているのは敵同士でも芽生え得る深い絆。本国ではこれをリアリティがないと捉える意見もあったようですが、僕にはこれを観ることで多くの人が希望を持てるようになると確信しましたし、どの国にいても現在の朝鮮半島のように分割されてしまう可能性があるということを強く感じることができました。観賞後は何とも言えない無力感とともに、素晴らしい作品に出逢えた感動に包まれます。
間違いなくパク・チャヌク監督作品の中でも1、2を争うほどの傑作ですけど、個人的にはイ・ビョンホンがここまで演技ができるということに今さらながら驚かされました。泣き顔ですらかっこよかったです。



ドント・ブリーズ ★★★★★★★★☆☆
日本でも昨年末に話題になり、ロングラン上映されていたホラー映画。あまりにも評判がよかったので配信と同時にレンタルしてみました。
常習的に強盗を繰り返す主人公たちは新たなターゲットとして、一人暮らしの盲目の老人宅侵入を試みる。目が見えないのだから楽勝だろうと高を括っていたら、実はこの老人、退役軍人でめちゃくちゃ強かった…という話。
この設定の素晴らしいのは、ターゲットを盲目にすることで主人公たちに油断要素を入れているところでしょう。油断したまま家に押し入るので老人に気付かれた後に対抗する手段をほとんど持っていません。さらに暗闇になると立場が逆転。相手は元軍人だから銃も扱えるし、白兵戦にも強い、さらに目が見えない分聴覚に優れていますし。悪者だったはずの主人公たちが一気に可哀そうになってしまいました。
ただ、老人の前半の強さと後半で明かされる彼の謎のインパクトが強かっただけに、彼の怖さに慣れてしまった終盤はやや単調に映ってしまいましたね。それと、設定ほどの新しさを観賞後に味わえなかったのも残念。

スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本