Volvo Car Open

 <Quarterfinals>
Jelena Ostapenko - Caroline Wozniacki(5) 6-2, 6-4
Laura Siegemund -Anastasija Sevastova(8) 6-2, 6-4
Daria Kasatkina - Irina-Camelia Begu(10) 6-4, 6-1
Mirjana Lucic-Baroni(11) - Shelby Rogers 6-7(7-9), 6-1, 6-1

 <Semifinals>
Jelena Ostapenko - Mirjana Lucic-Baroni(11) 6-3, 5-7, 6-4
Daria Kasatkina - Laura Siegemund 3-6, 6-2, 6-1

 <Final>
Daria Kasatkina - Jelena Ostapenko 6-3, 6-1


カサッキナがツアー初タイトル! 今季はケルバーに連勝している半面、全豪やインディアンウェルズ、マイアミといったビッグ・トーナメントにシードプレイヤーとして挑みながらいずれも初戦敗退と、不安定なシーズンを送っていただけに、勝利が続いたことは大きな自信になったことでしょう。40位台まで落ちていたランキングも再びトップ30に戻してきたので、クレーシーズンはこの調子を持続させてさらに上を狙ってもらいたいところ。

注目なのは、優勝したのが19歳のカサッキナであるとともに、決勝の相手も同じ19歳のオスタペンコだったということ。詳しいデータがないので断言はできませんけど、晩成型のプレイヤーが増えつつある現在のWTAで、10代決勝が実現したのはかなり久しぶりのことなんじゃないかな。
オスタペンコの方もランキングを落としてきていたものの、今週はウォズニアッキやルチッチを倒すといった快進撃を見せました。オスタペンコのテニスはハイライトでしか観たことがないんですが、ストローク戦では器用な面も感じられますし、ひ弱すぎる2ndサービスさえ改善されればトップ30あたりに定着できそうな気はします。今の荒々しいキャラクターは失わないままで成長していってほしいですね。

日本人選手は土居が張帥に敗れ初戦敗退、大坂はその張帥を2回戦で下したものの、ロジャースに敗れ3回戦止まりでした。
大坂は取りこぼしが少なく順当に勝ち星を重ねてはいるんですが、出場大会が少ないせいか、単純に上位進出がないせいか、効率よくポイントを稼げていませんね。まぁ、これはランキングシステム上仕方がない部分もあると思います。トップ50というのはもはやツアーレベルで戦うのが当たり前のランキングですが、プレミアシリーズでは予選からとなるケースも珍しくなく、本戦ストレートインできても順当にいけば2回戦までにシードプレイヤーと当たることになります。現に、今季出場した6大会のうち3大会はトップ10プレイヤーとの対戦がありました(いずれも敗退)。トップ10と互角に戦うにはまだ経験が必要だとは思いますが、トップ30クラスには普通に勝てるようになってきているので、まずはインターナショナルシリーズでベスト8以上の結果をコンスタントに残し続けることがランキング上昇には必要になるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本