Miami Open

 <Quarterfinals>
Venus Williams(11) - Angelique Kerber(1) 7-5, 6-3
Karolina Pliskova(2) - Mirjana Lucic-Baroni(26) 6-3, 6-4
Johanna Konta(10) - Simona Halep(3) 3-6, 7-6(9-7), 6-2
Caroline Wozniacki(12) - Lucie Safarova 6-4, 6-3

 <Semifinals>
Caroline Wozniacki(12) - Karolina Pliskova(2) 5-7, 6-1, 6-1
Johanna Konta(10) - Venus Williams(11) 6-4, 7-5

 <Final>
Johanna Konta(10) - Caroline Wozniacki(12) 6-4, 6-3


故障で少しの間戦列を離れていたコンタが復活優勝。今季はシドニーで優勝し、全豪でも2年連続のベスト8を果たすなど絶好調だったところでの離脱だっただけに本人もショックだろうなと思っていたんですが、見事に戻ってきましたね。彼女のプレースタイルは全盛期のペトコのような攻撃的かつ精度の高いストロークを軸としつつも、サービスからのポイント獲得率が高いのが強み。クレー向きには思えませんけど、メンタルさえ安定していればプレミアクラスでもタイトルを狙えるかもしれません。

ウォズニアッキは全盛期のように安定してきて、今季この時点で既に3度決勝の舞台を踏んでいますけど、またしても頂点には届きませんでしたね。
コンタには全豪でも完敗。前回も今回も試合は観ることができていませんが、両者のテニスを考えればサービス、リターンのどちらからでも主導権を握れるコンタの方が上。コンタが崩れている時間帯は安定感に勝るウォズニアッキがリードするかもしれませんけど、ウォズニアッキも引き出しが多いわけではないので、最終的にはペースを掴んだコンタが勝利をモノにするのかな、と想像できます。
ウォズニアッキも2~3年前に比べると明らかにネットプレーにトライする回数も増え、技術の向上も見られるんですが、やはりアプローチがスピードの遅いスピンボールではパッシングの餌食になりやすいんですよね。"たられば"になってしまいますけど、彼女が若い頃にもっとダブルスに積極的だったら速い展開のテニスも身に付いたのかなと考えてしまいます。

ラド姉は全豪に続きここでもルチッチに敗れ、結局ハードコートシーズンの間に調子を上げられぬままクレーに突入することになってしまいました。ここまでのレースポイントは671Pで20位。これは一時的にトップ10落ちを経験した2015年と同水準。昨年は1920P、2014年は1997P、2013年は2355P稼いでいることを考えるとかなりのスローペースですね。2015年は秋以降に一気に復調して最終戦も制したために年末にはトップ10復帰も果たしましたが、今年はもっと早い段階で調子を取り戻してほしいところ。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム