雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

demolition.jpg

有休を使って昨日新宿シネマカリテに観に行ってきました。そういえば、去年も有休を取って同時期に同じ劇場で「ロブスター」を観たな…。

「ロブスター」も相当変な映画でしたが、この作品もなかなかおかしな設定です。
主人公のデイヴィス(ジェイク・ギレンホール)は妻を交通事故で亡くしたにもかかわらず全く悲しみが訪れず、悲嘆に暮れる代わりに奇妙な行動に出るようになります。

その行動の一つが、原題でもある破壊(Demolition)行為。
物騒な話ですけど、別に見境なく壊して回るわけではなく、故障しかけた身近なものを一旦壊し、改めて組み立てようとしているんですよね(劇中では組み立てる姿はほとんど見られませんが…)。

もう一つは、自動販売機の管理会社との文通。
妻を亡くした病院でデイヴィスはチョコレートを買おうとするものの、その自動販売機の調子が悪くて商品が出てこない…。ふとした思い付きで彼は管理会社に報告の手紙を書き、そのついでになぜか自らの身の上も語り出します。そしてその突拍子もないクレームに反応する苦情係のシングルマザー、カレン(ナオミ・ワッツ)。現実にはまずあり得ないこの二人のやり取りが想像力を掻き立ててくれ、物語を引っ張ってくれます。

その物語の中心にいるジェイク・ギレンホールは「ナイトクローラー」とは別のベクトルでハマり役。カレンやその息子、そして義父、相手によって様々な顔を見せながらも不自然さが皆無ですし、中盤突然弾けたように狂い出す彼が不思議と魅力的に見えました。
ただ、防弾チョッキを着た自分に向けて、子どもに銃を撃たせるシーンだけは不快感しか残りませんでしたが…。

破壊行為に関しては、いわゆる断捨離のようなもので、「ファイトクラブ」を彷彿とさせるところがありますね。しかし、破壊の後に見出だすのが自己ではなく、他者との関係というのが大きな違い。じんわり心が温まる結末に向かいます。ただ、彼が最後に何を見つけたのかという肝心な部分が不明瞭。邦題に繋がる車の中の書き置きも、タイトルになるほどのインパクトがなくて不満が残りました。
全体的にいい雰囲気を漂わせながら、あと一歩説明不足だった惜しい作品といったところ。

★★★★★★★☆☆☆

◆ジャン=マルク・ヴァレ監督作品の評価
「ダラス・バイヤーズクラブ」 ★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本