脳内ポイズンベリー 他

脳内ポイズンベリー ★★★★★★★★☆☆
何といってもテンポのよさが光ります。ストーリー自体は、タイプの違う二人の男の間で揺れる女心を描いたありがちなものなのに飽きさせないのはそのテンポのおかげ。越智と早乙女という二人の男も解りやすく対照的でいいですね。特に、噛ませ犬的なポジションで登場してきた越智が、中盤以降も意外なほど存在感を出してきたのが面白かったな。
そしてもちろん、本作最大のウリである主人公、いちこ(真木よう子)の中で繰り広げられる脳内会議が面白いです。誰でも脳内でポジティブとネガティブが葛藤することはあるはずで、その結果、どうでもいい着地点に落ち着いて後悔した経験も理解できるはず。正直、真木よう子と西島秀俊の演技力には懐疑的なところもかなりありましたし、そのイメージが完全に払拭されたわけではありませんけど、全体的にコメディタッチだったためか違和感なく楽しめました。とはいえ、MVPはネガティブ池田を演じた吉田羊ですけどね。
別に観なかったところで損もしませんが、軽いタッチの映画を観たい時などは選択肢に入れておいてほしい一作です。



バクマン。 ★★★★★★★☆☆☆
昨年のTVドラマ「重版出来!!」では脇役だった漫画家の方にスポットを当てた作品。
主演の佐藤健、神木隆之介ともに好きな俳優ではないんですけど、二人ともハマり役だったと思います。脇を固める面子も実に個性的かつ自分好みで魅力的だったんですが、中でも染谷将太は別格。オタクっぽさを全開にしつつも可愛げがしっかりあって、こんな天才いそうと思わせる説得力を持っているんですよね。本当にこの人の多才さには脱帽です。
さらに、プロジェクションマッピングを利用した躍動感のある映像、紙の上をペン先が走る時の音など、演出面にも力が入っており、まだまだこんな見せ方があったんだなと感心。
しかし、ストーリーは王道すぎていまいち。前半は勢いで見せてくれるんですが、独特の演出に慣れた後半は一気につまらなくなってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本