÷(ディバイド) / Ed Sheeran

英米ともに記録的なヒットをしているEd Sheeranの最新作。日本でもオリコン5位ですから、ようやく売れてきたかといった印象ですが、海外に比べるとまだまだ小規模すぎて物足りません。
僕自身、彼の音楽はもっと多くの人にシェアされるべきだと思っているのでセールスが気になってしまうわけですけど、正直、今作はどこまでプッシュするほどの内容ではないかな。

世界各国で1位を獲得した「(4)Shape Of You」は、前作からの「Thinking Out Loud」と並んで間違いなくEdの代表曲になる1曲。シンプルながらメロディアスでロマンチックだった「Thinking Out Loud」とは違い、こちらはヒップホップ色の強いトラックで、独特のループとヴォーカルの重なりが印象的で中毒性抜群です。ヒップホップといえば「(1)Eraser」では彼のラップも聴けます。

(4)と同時に公開された「(2)Castle On The Hill」はカントリーテイストの疾走感溢れるアップナンバー。ノスタルジーに包まれるトラックは彼が得意とするものですね。当然のことながら、女性ファンがうっとりできるラブソングも豊富。

一方で、前作で僕のフェイバリットだった「Bloodstream」のような刺激の強い曲はほとんど見られません。「(13)Barcelona」や「(14)Bibia Be Ye Ye」でのカリビアンな音は新鮮でしたけど、僕が求めていたものではなく、全体的には前作よりも落ち着いてしまったような感覚を持ちました。別にアコースティックなサウンドを否定しているわけではないんです。でも、この路線はデビュー作で既にやっているわけですし、もう少しテンポの違う曲が多いとよかったな。中にはMichael Bubleを聴いているような錯覚に陥ってしまう既聴感の強いものもありました。

まぁ、彼の真骨頂はライヴパフォーマンスにあると思っているので、今後ライヴでのアレンジが加えられたり、他アーティストとのコラボでリミックスバージョンが披露されることでアルバム全体の印象が大きく変わってくることは考えられます。

★★★★★★★☆☆☆

◆過去作の評価
「+(プラス)」 ★★★★★★★☆☆☆
「×(マルティプライ)」 ★★★★★★★★★☆

「Castle On The Hill」(US6位、UK2位)と「Shape Of You」(US1位、UK1位)のBrit Awardsパフォーマンス
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本