2017年2月後半の注目作

▼MUSIC

△2/17【La La Land / Original Sound Track】

映画公開に伴い各国で大ヒットしているサントラが日本でもリリース。この手のサントラは映画を観ないと楽しめないと思うので一旦スルーしますが、映画の内容次第では購入の可能性もあるかも。

▼GAME

該当作なし。
期待していた「ファイアーエムブレムヒーローズ」は僕のiPod touchではまともに起動しませんでした。代わりに遊んでいる3DSの「大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-」は繁忙期の寝不足の身体には睡眠導入剤にしかならず、週末に引き続き「ボーダーランズ2」を遊ぶのが唯一の楽しみです。

▼MOVIE

◎2/24【ラ・ラ・ランド】

本年度のアカデミー賞作品賞の最有力作品がいよいよ日本でも公開されます。主演がライアン・ゴズリングとエマ・ストーンというだけでも楽しみなのに、監督は「セッション」のデイミアン・チャゼルで、批評家からも絶賛の嵐とくれば期待するなという方が無理でしょう。R&B好きとしてはジョン・レジェンドの出演も気になるところ。
これは絶対に劇場で観ます!

〇2/18【愚行録】
△2/25【素晴らしきかな、人生】

「愚行録」はどうしても「悪人」の影がチラついてしまいますけど、人間のダークサイドが明るみに出ていくストーリーは好みですし、小出恵介は好青年やヘタレ役でなく嫌な男を演じてこそ輝くんだと勝手に思っているので、期待大。
実は月曜日に行われた試写会に当選したんですけど、深夜残業だったために行けなかったんです。そうなると自腹で観に行くのも癪なのでDVD待ちになってしまいそう。

「素晴らしきかな、人生」の方はキャストが超魅力的。しかし、主演がウィル・スミスというだけで安っぽい気がしてしまうんですよね。それにオフィシャルサイトでの古臭いイメージ画像と駄作感溢れる邦題によって大幅に魅力が後退してしまった感じ。

▼DVD

△2/22【地獄でなぜ悪い <廉価版>】

話題作が続々と公開される半面、パッケージ市場は谷間の時期。
「地獄でなぜ悪い」は園子温作品の中では「ヒミズ」に次いで好きな作品ではあるのですが、Netflixで2度目の観賞をしようとしても途中で飽きてしまい、エンディングに辿り着けませんでした。最初に観た時からいずれDVDを…と考えていましたけど、ちょっと今更感が漂ってしまっているかな。

▼BOOK

◎2/24【騎士団長殺し: 第1部 顧れるイデア編 / 村上春樹】
◎2/24【騎士団長殺し: 第2部 遷ろうメタファー編 / 村上春樹】

新刊が発売前にここまで話題になるのは、同じ村上春樹の「1Q84」以来でしょう。今回は彼にしては物騒なタイトルながら、相変わらず事前情報なしで否応なしに期待を煽られてしまいますね。
文庫派の自分は入手までにあと2年はかかりそうですけど、その前に図書館で借りて読むつもりではいます。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本