Fed Cup 2017 QF

チェコ 3-2 スペイン
クヴィトワとカルラ…、どちらもナンバー2を欠く布陣でしたが、そうなると手札が多いチェコの方がどうしても優位に立ちますね。全員が単複どちらでも戦える実力の持ち主で、最も若いシニアコワでさえ、スペインならナンバー2として戦えるレベル。勝敗だけなら3-2と競ったように見えますが、4試合目で決着がつき最後のダブルスは消化試合だったわけで、チェコとしては余裕のある勝利と言えるでしょう。

アメリカ 4-0 ドイツ
ドイツはケルバーが欠場。数年前ならそれでも強力な布陣を組めたんですが、ペトコにゲルゲス、リシキあたりは全員明らかにピークを過ぎており、ジークムントやビットヘフトは経験不足。一時代を築いた国が一気にパワーダウンしていくのを見るのは淋しいものです。
アメリカはW姉妹だけでなくキーズもスティーブンスも怪我で欠いたものの、全豪で覚醒したバンダウェイに加え、リスケが期待以上の活躍を見せました。ただ、準決勝でチェコと戦う際にはW姉妹かキーズのうち、誰か一人でも出場してほしいところです。

ベラルーシ 4-1 オランダ
このカードだけやたらと地味でした…。
アザレンカ不在となればバーテンス擁するオランダが有利かと思われましたが、22歳サスノビッチと18歳サバレンカが奮闘。ベラルーシを初のベスト4に導きました。率直に言うと、10年近くチームを支えてきたアザレンカが不在の間にここまでの成績を収めているというのも複雑な気分ですけど、一昨年の地域リーグから一度も敗退することなくここまで来たのは他メンバーの力もあったからで、土壌を育てるということに成功した証しと言えるでしょうね。さすがに準決勝はアザレンカの力が欲しかったところですけど、現メンバーでどこまで戦えるのか注目してみようと思います。

スイス 4-1 フランス
ベンチッチの不調が心配されたスイスでしたが、バシンスキーがコルネとムラデノビッチを倒し、踏ん張りました。これでベンチッチが復活すればヒンギス全盛期にも叶わなかった優勝にも手が届きそう。
フランスはガルシアの欠場が痛かったですね。異常なまでにフェドでの弱さを露呈するコルネを外せないくらい選手層が薄いのがツラいところです。

というわけで、準決勝はチェコvsアメリカ、ベラルーシvsスイスになりましたが、個人的には敗れた4ヶ国が戦うプレーオフの方が気になります。グループ2から勝ち上がったのはロシア、ベルギー、ウクライナ、スロバキア。ロシアはもちろん、スビトリナ擁するウクライナの存在が怖いか。入替え戦の中ではフランスvsスペインにハイレベルな試合が期待できそう。
そしてイタリアとオーストラリアはついに地域リーグ陥落のピンチ!

アジア地域リーグを戦った日本は決勝でカザフスタンに敗れました。カザフスタンはアジア枠とはいえプチンツェワやシュベドワを中心としたミニ・ロシアのような国ですから、地力はかなりあるんですよね。とはいえ、日本も土居と大坂を中心にメンバーは揃っていたわけですから、勝ち切ってもらいたかったです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム