アリスのままで 他

ストレイト・アウタ・コンプトン ★★★★★★★★☆☆
90年代に爆発的な人気を誇っていたヒップホップグループ、N.W.Aの伝記映画。僕がブラック・ミュージックを本格的に聴き始めたのは1998年頃。その頃にはメンバーは既にソロでのキャリアが始まっていて僕は浅くしか彼らのことを知りませんでした。ギャングスタラップはあまり得意でないので、一昨年購入した同名のアルバムも、Dr. Dreの復活作もピンと来ず。だから、全米の音楽映画の記録を塗り替えたという謳い文句がなければスルーしていたかもしれません。
しかしこれ、音楽映画としても青春映画としても秀逸な掘り出し物でした。まずよかったのはキャストが本人たちにそっくりなこと。グループのファンなら感情移入必至です。レーベルとの衝突、仲間割れ、人種差別といったところも解りやすく描かれていて、なぜこんなに攻撃的な音楽が生まれたのかがはっきり伝わってきました。さすがにヒップホップに興味がない人にまではオススメはしませんが、彼らのファンでなくてもギャングスタラップ入門教材として価値のある一作です。



アリスのままで ★★★★★★★★☆☆
若年性アルツハイマーを扱った映画。
別に好きな女優ではないんですが、これはジュリアン・ムーアなしでは語れないでしょう。この作品は特に彼女の表情がフォーカスされていて、漠然とした不安から徐々に追い込まれていく様子が描かれています。
自宅のトイレの場所も分からなくなってお漏らししてしまうシーンはショッキングでしたね。アルツハイマーになるとあのジュリアン・ムーアまでもがこんなことになってしまうのか!(現実と虚構が曖昧になっている発言…)という事実が強烈に迫ってきて、物語へ強く入り込めました。だからこそ、病気に苦しんでいるのではなく、闘っているという主人公のメッセージが印象に残ります。
ありがちな記憶障害のラブストーリーではなく、発症してからのリアルな問題を描き、それでいてちゃんとフィクションらしさを残している舵取りの巧さが光りますが、観る人によっては中途半端に映るかもしれません。主人公がジュリアン・ムーアでなければきっとここまでの良作にはならなかったでしょう。


スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム