全豪オープンテニス2017 3回戦

とりあえずシード選手の結果をピックアップ。

Angelique Kerber(1) - Kristyna Pliskova 6-0, 6-4
Serana Williams(2) - Nicole Gibbs 6-1, 6-3
Karolina Pliskova(5) - Jelena Ostapenko 4-6, 6-0, 10-8
Ekaterina Makarova(30) - Dominika Cibulkova(6) 6-2, 6-7(3-7), 6-3
Garbine Muguruza(7) - Anastasija Sevastova(32) 6-4, 6-2
Svetlana Kuznetsova(8) - Jelena Jankovic 6-4, 5-7, 9-7
Johanna Konta(9) - Caroline Wozniacki(17) 6-3, 6-1
Anastasia Pavlyuchenkova(24) - Elina Svitolina(11) 7-5, 4-6, 6-3
Daria Gavrilova(22) - Timea Bacsinszky(12) 6-3, 5-7, 6-4
Venus Williams(13) - 段莹莹 6-1, 6-0
Jennifer Brady - Elena Vesnina(14) 7-6(7-4), 6-2
Barbora Strycova(16) - Caroline Garcia(21) 6-2, 7-5


さすがに1回戦のハレプ、2回戦のラド姉ほどの衝撃はありませんでしたが、3回戦ではシブルコワが敗れました。両者の対戦は過去シブルコワの3戦全勝だったんですけど、どれも接戦だったこと、また3年ぶりの対戦だったこともあり、あまり関係がなかったかもしれません。

他は何となく予想できた結果。スヴェタは最近の調子からするともう少し楽に勝てるかと期待していましたが、仕事の休憩時間にスコアをチェックしてみたらかなり競っていて焦りましたね~。ファイナル6-7となったところで覚悟を決めて仕事に戻ったんですけど、しっかり勝ち切ってくれたようでよかったです。
対照的に、オスタペンコはファイナル5-2から2つのサービス・フォー・ザ・マッチをモノにできず、惜しい星を落としました。勝利目前からのゲームの落とし方を見る限りオスタペンコの勝ちビビりと言えそうですが、プリスコワは昨年のフェド決勝(ファイナル16-14でムラデノビッチに勝利)も記憶に残っているように、マラソンマッチに強い印象を受けます。こういった激戦を戦い抜くと選手は勢いづくでしょうし、ドローも拓けてきているので、今回プリスコワには追い風が吹いているのかも。

個人的に期待していたウォズニアッキは完敗でした。初対戦ながら、プレースタイルを考えればコンタ優位なのは確かなんですが、昨季終盤の上り調子を持続できていればもう少し競れたとは思うんですけどね。よかったのは第1セットの3-3まで。そこから8ゲーム連取されるなど完全にゲームを支配されました。彼女が台頭してきた頃はその圧倒的な守備力の前に対戦相手が焦ってミスを重ねる場面も目立ちましたが、その後はツアー全体のレベルアップの中で置いていかれる場面も増えてきました。ネットプレーを仕掛けることが増えてもまだまだ上位陣にプレッシャーをかけるのは難しく、トップ10復帰にはもう少し時間が必要なのかなと思わされる一戦でしたね。残念です。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本