Starboy / The Weeknd



1stシングルの「(1)Starboy」でDaft Punkと組んだことが話題となった今作のThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)。アルバムで実現したこのコラボは(1)と「(18)I Feel It Coming」の2曲だけですが、この2曲でアルバムをサンドイッチしているため、予想以上にDaft Punkの存在を強く感じることができました。
(1)は典型的な富と名声の詞ながら、未来へ突き進む彼の勢いが感じ取れる一曲。鼻につくくらい成功を自慢しながら後半は内省的な詞も目立つようになりますが、アルバム全般に漂う闇を切り裂くかのようにラストに配置された(18)で最後には晴れ晴れとした気持ちに、そして異常なほど胸を熱くさせられます。
曲単位で見れば(18)と、プロモーションシングル扱いの「(3)False Alarm」は大いに気に入りました。(3)はあの圧倒的な疾走感がクセになります。

Daft Punkを除けば、初期のThe Weeknd作品で貢献していたDoc McKinneyの復活が嬉しいところ。前作のキャッチーさが減退した代わりに主役の個性を強く打ち出すことに成功しているのは彼のおかげかな。
トータルで見ればCashmere Catの存在も大きいですね。本作では4曲に関与しています。最近の話題作では何度も名前を見るようになったプロデューサー、ただ、Kanye WestやTravis Scottのアルバムでもそうだったんですけど、個人的にはいまだに彼の楽曲にピンとくるものがなくて本作でもあまり馴染めていません。Benny BlancoやDiploといった強力な制作陣も主役の個性に負けています。

上に挙げたように制作陣は期待外れな部分もあったものの、その分、The Weeknd自身の魅力を再発見できる内容になっていたので、僕はさほど気にはなりませんでした。そしてゲスト陣は面白いチョイス。ヒップホップからのKendrick LamarとFutureは想定内としても、Lana Del Reyがここまでハマるとは…。

というわけで、前作の大ヒットを受けてリリースされたThe Weekndのニューアルバムは、リピートを促される充実作になっていました。単に充実作といっても近年のKendrick LamarやBeyonceのようなメッセージ性の強さに惹かれるタイプではなく、そのアーティストの音楽のルーツを探ることにワクワクできるタイプ。Kanye WestやDrakeが台頭してきた頃と同じような気分を味わえます。間違いなく彼は今後十年単位でR&B界を引っ張っていってくれるアーティストだと確信させてくれる一作。

★★★★★★★★☆☆

◆前作の評価
「Beauty Behind The Madness」 ★★★★★★★★☆☆

「M A N I A」。楽曲単位でなくアルバム全体の世界観を味わえるビデオです。
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム