2016 BEST MUSIC

再生回数トップ5は
1. Lemonade / Beyonce
2. Anti / Rihanna
3. The Life Of Pablo / Kanye West
4. Views / Drake
5. Purpose / Justin Bieber

でした。
どれも全米1位を獲得したアルバムばかりで、例年以上にメインストリームに寄った音楽生活でした。それだけトップアーティストが素晴らしい作品を届けてくれた証しでもありますが、言い方を変えれば個人的な掘り出し物を発見できなかった年でもあります。
それにしても、Apple Musicでしか聴けなかったKanye Westが3位というのは自分でも驚き。

1. Lemonade / Beyonce
パーソナルな内容だった前作の、さらに暗部をすくい上げた曲を揃えながら、最終的には人種差別、性差別といった問題提起で幕を閉じる…。音の面でもジャンルを飛び越えながら、最後の「Formation」で黒人であることを声高に主張。これだけのテーマをエンターテインメントとして昇華させることができるアーティストは他にいないと断言できる、文句なしの大傑作でした。
僕はもちろんリリース日にiTunesで音源を購入しましたけど、解説や対訳欲しさに国内盤CDを買い直すほどでした。



2. The Life Of Pablo / Kanye West
例年なら年間ベスト級。ケチをつけるとすれば、ストリーミング配信オンリーで気軽に聴けないところくらいか。
今年はTaylor Swiftをディスるところから始まり、終いには精神を病んで入院するなど問題続きだったKanyeですが、音楽はその自意識がいい具合にハマっていてさすがのクオリティでした。

3. Fantome / 宇多田ヒカル
日本音楽界の2016年重大ニュースの一つに数えられる宇多田の復活。以前のキャッチーさは薄れたものの、異色のコラボも楽しめましたし、詞は彼女らしさを残しながらより深みを増しました。母、藤圭子へのメッセージには本当に胸が熱くなりましたね。

4. Starboy / The Weeknd
年末に購入してヘビロテ中のアルバム。捨て曲ゼロとは言いませんが、Daft Punkとのコラボも意外なほどハマり、「False Alarm」や「I Feel It Coming」はそれだけで何周もできるほど大好きになりました。

5. Anti / Rihanna
2016年一発目のビッグ・タイトルがこれでしたね。数時間限定の無料配信という話題が先行してしまったものの、アルバムとしても「Work」をはじめ、Rihannaの個性をさらに突き詰めながら今年の音が詰まった佳作になっていました。ただ、前年のシングル「Bitch Better Have My Money」と「American Oxygen」が未収録なのはやっぱり残念です。

6. Mind Of Mine / Zayn
アーティストとしての方向性はまだ模索中なんでしょうが、ソロ1作目としては粒が揃って、それでいて有名プロデューサーの手腕に頼った印象も受けない、立派な完成度だったと思います。既聴感が強い曲が多いのが欠点ですけど、曲自体はほとんどが好みの路線でした。

7. Royalty / Chris Brown
昨年末リリースなので印象は薄いものの、聴くたびに味が出てくる曲が揃っていてどんどん評価を上げていきました。ただ、それでもリピートを促すほどではなく、彼のアルバムにしては再生回数は少なめ。

8. Purple Rain / Prince The Revolution
音楽界は今年多くの宝を失いましたね。Princeの他、David Bowieやつい先日のGeorge Michaelまで、ファンでない自分でも一時代の終わりを感じ淋しい気持ちになりました。
追悼の意を込めてレンタルした本作は、今までPrinceに苦手意識のあったのが嘘のように好きな曲がズラリ。中でもBiralの追悼パフォーマンスが印象的だった「The Beautiful Ones」は珠玉の一曲。

9. HITnRUN Phase One / Prince
同じPrinceでも「Purple Rain」とは全く違う音で彩られたアルバム。最初はPrinceっぽくないという理由で抵抗を示したりしていましたが、気が付けば彼のアルバムで最も聴いた作品となりました。「This Could Be Us」の破壊力はなかなかのものです。

10. Here / Alicia Keys
Aliciaに強いメッセージ性を求めていなかったこともあり、最初は戸惑いの方が上回ったものの、彼女の表現力の前には些細な問題でしたね。まだ聴き込みが足りないので、今後もまた新たな顔を見せてくれるだろうと期待させてくれます。

今年は上位2作品が抜きん出ていて、第2集団が宇多田とThe Weeknd、5位以下はほぼ横一線でした。次点は「This Is Acting / Sia」、「Wildheart / Miguel」、「Birds In The Trap Sing McNight / Travis Scott」といったところ。

部門賞はこの続きから
<Best Artist>Beyonce
圧倒的。Beyonceは2011年、2014年に続き、3度目の選出になります。
20年にも及ぶキャリアの中で一度も立ち止まらず、その上でまだまだ進化し続けているんですから、きっと今後も新作をリリースするたびに大きな話題を提供してくれることでしょう。

<Best New Artist>該当者なし
アルバムを聴いた上での候補としてはLukas GrahamとAnderson .Paak、全米チャート上ではDesiignerやRae Sremmurdが強いかなというイメージですが、プッシュするにはどれも少しインパクトに欠けた印象。ソロデビューを果たしたZaynはOne Direction時代の活動があったため、対象から外しました。

<Best Producer>該当者なし
残念ながら、こちらも該当者なし。
Boi-1da、Travis Scott、そしてMile Will Made-Itあたりの名前は目立ったんですけど今年を代表するプロデューサーという感覚はなく、他は自作自演のアーティストが増えたためにプロデューサーが前面に出る機会は減ったように思います。

<Best Music Video>Formation / Beyonce
今年はビデオから好きになる曲というのが少なかったんですが、これは映像のかっこよさ、メッセージ性ともに抜きん出ていたように思います。ニューオーリンズの水害や黒人が警官に射殺される場面を想起させるシーンなど、これだけのスターが真っ向から描いてきたのも意味のあることでしたね。


【POP/ROCK】

<Best Male Artist>Bruno Mars
<Best Female Artist>Sia
<Best Male Album>Blackstar / David Bowie
<Best Female Album>This Is Acting / Sia
<Best Male Single>Can't Stop The Feeling! / Justin Timbarlake
<Best Female Single>Cheap Thrills / Sia


RihannaをR&B枠に入れたら、ここの女性部門はSiaが独占。今年はAriana GrandeやLady GaGa、Britney Spearsといった人気アーティストがアルバムをリリースしたものの、いずれも期待値には届かず、近年では珍しくR&B勢の方が元気な年でした。

Bruno Marsはアルバム、シングルともに次点で受賞を逃しましたが、総合的な活躍でベストアーティストは受賞。David Bowieは実はアルバムをちゃんと聴くのは初めてだったんですけど、自分が思い描いていたイメージとは全く違う壮大な音世界で圧倒されましたね。とはいえ、まだApple Musicで数回聴いただけなので、アルバムを入手して改めて聴き込んでみたいところです。

【R&B】

<Best Male Artist>The Weeknd
<Best Female Artist>Beyonce
<Best Male Album>Starboy / The Weeknd
<Best Female Album>Lemonade / Beyonce
<Best Male Single>Pillowtalk / Zayn
<Best Female Single>Formation / Beyonce


Beyonceは女性部門独占。R&B部門に来たRihannaはちょっと可哀そうだったかな。

男性R&Bはアルバムのトップ10に半数の5作が入るなど充実していましたけど、シーンの中心に立っているのはThe Weekndくらいで、やはり勢いとしては落ちていると言わざるを得ません。Usher、R.Kelly、John Legendといったところも悪くありませんがもう一歩といったところでした。来年はTrey Songzの新作に期待します。

【HIPHOP】

<Best Artist>Drake
<Best Album>The Life Of Pablo / Kanye West
<Best Single>Famous / Kanye West feat. Rihanna & Swizz Beatz


Kanyeがせっかく傑作をリリースしながらその勢いを後半に持ち越せなかったことで、ベストアーティスト枠はDrakeに譲りました。
Drakeは個人的にはピンと来なかったんですけど、今年の音のメインストリームを作り上げた「One Dance」の大ヒット、同様にヒットしたRihanna「Work」への参加も含めて抜群の存在感でした。

<Best Domestic Album>Fantome / 宇多田ヒカル
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本