マジック・イン・ムーンライト 他

マジック・イン・ムーンライト ★★★★★★★★☆☆
マジシャンと霊媒師の対決という、ありがちながら単純明快な設定が魅力のウディ・アレン監督作品。科学で証明できない出来事にはすべてタネがあると信じてやまない天才マジシャン、スタンリー(コリン・ファース)は、友人に依頼され評判の霊媒師であるソフィ(エマ・ストーン)の謎を解きに近づくが…といった話。
コリン・ファースはちょっと偏屈でユーモラスな役を演じさせたら世界屈指だと思いますし、エマ・ストーンは素直でキュートな女性というのがぴたりとハマっていました。二人の演技だけでも観る価値があったというもの。特にソフィに心を許してからのスタンリーの豹変っぷりは微笑ましくて、歳の差を感じさせない素敵なカップルでした。
ただ、全体的に淡白で、肝心のストーリーとコメディ要素は少し物足りませんね。「ミッドナイト・イン・パリ」に近いファンタジーの香りも漂わせながら、どちらの要素も及んでいません。主演の二人に魅力を見出すことができなければ平凡なレベルかもしれません。「人生にはウソも必要」というテーマは、個人的にかなり好きですが。



アントマン ★★★★★★★☆☆☆
世界がどんどん広がるマーベル系の中で1.5cmのサイズに縮小するヒーローがかっこいいわけがないと思っていたんですが、庶民的なところが意外なほどかっこよかったです。主人公が前科持ち、でも悪党ではなく娘想いの平凡な男という点も親近感が沸く要素。そしてヒーローになる動機も非常に解りやすいですね。
映像面でも、縮小化と元に戻るアクションを繰り返すだけで、斬新なアクションが生まれています。サイズが変わる時の視覚効果もスピーディーで爽快。敵の体内に入って元の大きさに戻るだけで殺せるじゃないかと思わずにはいられなかったんですが、それだと相当残忍な映像になってしまうから無理か…。それと、迫力に関してはやはりマーベルの他作品には劣るかな。
小さなアリがワラワラと動くシーンもあるので、昆虫が苦手な人は厳しいかもしれませんけど、それ以外は万人が楽しめる王道のアクション作品ではあると思います。
あと、脇役でいつもきらりと光るマイケル・ペーニャは、今回もコメディ部分を担って大安定の存在でした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム