Music Review (2016年10月Part1)

今回は、当ブログでは貴重な新旧Prince2連発。

HITnRUN Phase One / Prince ★★★★★★★☆☆☆
「3121」を最後に彼の近作は聴いていなかったので流れは分かりませんが、今回は序盤のゲストの多さが特徴か。昔のような激しさは薄れましたけど、ちゃんと現代EDMのPrince的解釈といった風で耳馴染みはかなりいい方に入ります。
「(5)This Could B Us」や「(6)Fallinlove2nite」は本当に彼の曲なの?と疑問を持ってしまうくらいキラキラしていますし、「(9)Mr. Nelson」や「(10)1000 X's & O's」などはDaft Punkを思わせるスペイシーな音世界なんですけど、ちゃんとPrinceしているんですよね~。
クセのなさがPrinceらしさの欠如とみなすファンも確実にいるとは思うんですが、僕自身はこの★の数では厳しすぎるだろうと思ってしまうくらい気に入っています。聴き込めばさらに新たな魅力が見えてきそうな良作。



Purple Rain / Prince And The Revolution ★★★★★★★★☆☆
いまさら言うまでもないPrinceの代表作。僕はPrinceのアルバムに惹き込まれたことがなかったのでこのアルバムも何となくスルーしてしまっていたんですが、これを聴いていなかったのは大きな失態でした。
詞だけでなくうねうねとした音や粘着質なヴォーカルでもエロティックな世界を作り上げるPrinceの特徴はもちろん本作でも健在ですが、全体的にキャッチーで間口が広い印象。
何といっても、トリビュートでBiralも歌った「(3)The Beautiful Ones」の美しいこと! Mariah Careyもアルバム「Butterfly」でカヴァーしていましたが、ここはオリジナルの圧倒的な熱量に軍配が上がるかな(もちろん、熱すぎる分苦手なひともいそうですけど)。他にも「(7)I Would Die 4 U」はイントロから一気にトップギアで踊らせてくれるし、ラストのドラマチックな「(9)Purple Rain」に至るまで40分台の短尺で満腹にさせてくれる(でももっと堪能したい)隙のない1枚。
今だからこそ冷静に語れますけど、これをリアルタイムで聴いていたら大変な衝撃を受けていたであろうことは想像に難くありません。

◆Prince作品のレビュー
「3121」 ★★★★★★★☆☆☆
「Emancipation」 ★★★★★☆☆☆☆☆



「I Would Die 4 U」(US8位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム