楽天ジャパンオープンテニス2016本戦観戦記

東レPPOは予選、本戦ともに雨でキャンセル、楽天の予選は行ったものの中断に見舞われるなど、天候に恵まれなかった今年のテニス観戦ですが、最後の最後で取り返してくれました。というか、取り返しすぎ! 30℃超えという10月とは思えないほどの暑さで汗だくの観戦となりました。

第1試合を観る前に練習コートを確認。最初は目ぼしいプレイヤーがいなかったものの、少しするとチリッチが登場。さらに待つとベルディヒが歩いて現れました。ベルディヒはファンとハイファイブをしたり、スタッフと爆笑しながらコートに入るなど、ご機嫌な様子。チリッチと並んだ姿は両者のファンでなくてもテンションが上がってしまいました。ゆっくりチェックしたかったところですけど、試合も重要なので早々に退散。

西岡vsゴファンは観始めたころは互角のスコアだったんですが、実際に観戦しての感想は、当然ながら攻撃力、安定感ともにゴファンの方が上だったなということ。どうやら序盤西岡くんのリードから追いつかれての5-5だったみたいですね。その後は西岡くんの集中力が切れてしまったようで、単発の好プレーはあってもそれが続かず、彼のトレードマークでもある大きなガッツポーズが出ることなくストレート負けを喫してしまいました。熱いプレーを期待していたので、かなり残念!

続くハリソンvsキリオスは200km/h超えのサービスが行き交う激しい一戦となりました。短いポイントがあまり好きではない僕も、堅実なテニスのハリソンと、気まぐれでアクロバティックなプレーを見せるキリオスの対照的な対戦は十分に楽しめましたね。
正直なところ、真面目ながらも気の荒い側面を持つハリソンくんは、マイペースにも程があるキリオスにペースをかき乱されて早々に爆発するのではと不安(期待)を抱いたりもしていたものの、予想以上に粘りを見せてくれたと思います。ただし、最後はやっぱりラケットを投げていましたが…。
キリオスの方は2ndサービスでも200km/hを放ったりラリー中に股抜きを披露する余裕を見せながらも要所をきっちり締めてストレート勝ち。終盤はハリソンくんを応援していた自分はその余裕にイラっと来ないでもありませんけど、このキャラはやはり魅力的。

そして本日のメイン、シモンvsコールシュライバー。修造も言っていましたけど、渋すぎる組み合わせです。
初来日のコーリィは予選の日にも練習を見ることができましたが、スムーズなフォームから放たれるシングル・バックハンドは動画などで確認していた通りでかっこいいですね。バブリンカのバックハンドはスピンがしっかりかかって大砲のように重量感がありますけど、コーリィの場合はもっとフラットでシャープな印象。当然のようにネットプレーを器用にこなします。
プレースタイルは圧倒的にコーリィ派なんですけども、思い入れの強さではもちろんシモンの方が上。2ndセットを落とした時はヒヤリとさせられましたが、ファイナルは見事にシモンワールドに引き込んでくれました。初来日を果たしてくれたコーリィが1試合だけで大会を去ってしまうのは淋しいですけど、ぜひ来年も出場してほしいものです。

最初の3試合で満足してしまったので、次のモンフィスvs杉田は数ゲームだけ観て帰宅。ティプサレビッチを観られなかったのは残念ですし、こんなに晴れた日にセンターコートの試合ばかりで済ませてしまったのはもったいなかったですけど、ここまで見たいカードが固まるということは海外でもそうはないんじゃないでしょうか。選手入場時の演出なども派手になり、テニス観戦も昔に比べてずいぶん敷居が低くなったなという感はあります。
一方で、観客のマナーは一向に改善される様子が見られません。3階席ではプレイ中の移動はもちろん、座席確保のために荷物を置いて数時間戻らないなど、他の客を無視した自分勝手な行動が目につきました。運営側は今後、こういったところにも気を配っていただきたいところです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム