楽天ジャパンオープンテニス2016予選観戦記

雲行きの怪しい中でしたが、昨年に続き会社の同僚を誘っていたので強行観戦してきました。

目当てはもちろん第一シードのユーズニー。
昨年、シモン戦で後味の悪い負け方をしたにもかかわらず、再来日してくれたことにまず感謝! あと一人欠場者が出れば本戦ストレートインできた微妙なランキングも、この大会に限っては観戦機会が増えるのだからむしろラッキー。
とまあ、余裕で構えていたわけですけど、相手のエブデンが意外に堅実でいいテニスをしていたので、苦しい展開が続きました。とにかく、バックのダウン・ザ・ラインが全然入らないんですよ。得意のロングラリーでも辛抱強く展開するエブデンに屈する場面も多かったです。雨の中断でコートを離れた時間があったために中盤は見逃しましたが、再開後も一向に形勢が逆転する様子もなく2-6, 2-6であっさり敗退してしまいました。
生観戦でのユーズニーはこれで2勝3敗。なので負ける姿もある程度見慣れているはずなんですけど、調子自体も過去最悪レベルでしたし、楽しみにしていたソブキンコーチの姿もなく、消化不良な一戦でした。

8番コートではダックワースとドナルドソンが対戦。8番はコートの隅で立ち見するしかないという酷い環境で、なぜこんな場所で試合をするのか謎ですね。個人的には興味がなくどうでもよかったんですが、練習コートを覗きついでに何気なく見たドナルドソンが意外と面白くて、数ゲームながら夢中になりました。
後で調べてみるとまだ19歳なんだとか…。観た印象では堅実なストロークが持ち味という感じでしたけど、あのテイラー・デントがコーチに就いていることを考えると、今後の方向性が楽しみなような不安なような…。

そして本日の掘り出し物、韓国の18歳、イ・ダクヒ(Lee Duck Hee)!
彼も予備知識なく、期待の若手なのかな程度の見方をしていましたが、なかなかいいプレーをしていましたね。身長が174~175cmというのが不利なところですけど、胸板も厚く、脚も太い。他のアジア系ティーンエイジャーと比べると非常に身体がしっかりしているように見えます。
驚いたのは彼が耳に障害を抱えているということ。全く音が聞こえないんだとか。先天性のようなので本人は不自由さを感じないのかもしれませんが、昔工事現場の隣でテニスをしてあっという間に集中を欠いていった経験を持つ僕からすると信じられないことですよ。当然、主審や線審のジャッジも目で確認しなくてはいけませんし、主審とのコミュニケーションも難しいはずで、この試合もホスピシルのサービスの前にフルセット負けを喫しはしましたが、テニス自体には可能性を感じました。来年のGSで戦う姿をぜひ見せてほしいです。

本命の敗退にショックは残るものの、新たに面白い素材を発見したことで満足できる一日にはなりました。その勢いを持ち込んで火曜日に本戦を観戦してきます。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本