シン・ゴジラ

シンゴジラ

ゴジラに興味を持ったことなど一度もなかったんですが、あまりにいい評判ばかり聞くので、思い切って劇場へ足を運んでみることに…。
笑いと恐怖と興奮に満ちた2時間でした。
一言で例えるなら「ゴジラ meets ヱヴァンゲリヲン」といったところでしょうか。新たな人物が登場するたびに表示させるテロップや、音楽などはそのまま。ただの破壊者だと思っていたゴジラが咆哮する場面の悲しさや美しさはヱヴァと同じ血が流れているということを嫌でも意識させられます。

ゴジラの映画というと、街中を破壊して廻るゴジラをどこかの組織の隊員たちがあの手この手を尽くして倒すというイメージを勝手に持っていたんですけど、実際はそれだけでない、様々な要素を融合させた作品でした。

一つの決断をするのにどれだけの工程を要するんだ!とツッコミたくなるような慌ただしい官邸の様子などは東日本大震災と原発問題の頃を思い出させ、総理大臣の大杉漣を筆頭に、立場が上の人物たちが情けないほど翻弄される様が面白いですね。
それに比べて自衛隊をはじめ、現場で戦う人間たちのかっこよさときたら!
そのあたりの対比を楽しませつつ、安直な政府批判に陥っていないあたりに好感が持てます。
市川実日子もネットの評判通りに魅力的だったし、自衛隊がヘリで攻撃を仕掛けるシーンや爆弾を積んだ無人電車が特攻をかけるシーンなどはかっこよすぎて鳥肌が立ちました。

不満がないわけではないです。
いくら登場人物が多く状況説明が必要だとはいえ、さすがに会議シーンが多すぎ。登場人物が全員「ソーシャル・ネットワーク」ばりに早口で、会話を追おうとすると疲れてしまうんですよね。一部の人物だけなら個性になりますけど、全編というのはちょっとキツい…。

これのせいで観賞ターゲットが絞られてしまっているのが残念ではあるものの、冒頭の棒読みエキストラも、第二形態が出現した時の安っぽいCGも何か意味があるのでは?と思わせてくれるほど説得力があって満足しましたよ。個人的には初ゴジラで期待が高まっていたこともあったので、いよいよゴジラと対面となった時に出現したのが第二形態だったのには思わず「どなた様?」と呆気にとられたのが最大の面白ポイントでしたけど、その辺も含めて観た人同士でガッツリ語り合いたくなる快作です。

★★★★★★★★☆☆
スポンサーサイト

テーマ : シン・ゴジラ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本