Western & Southern Open

 <Quarterfinals>
Angelique Kerber(2) - Carla Suarez Navarro(9) 4-6, 6-3, 6-0
Simona Halep(3) - Agnieszka Radwanska(5) 7-5, 6-1
Garbine Muguruza(4) - Timea Babos 6-4, 6-3
Karolina Pliskova(15) - Svetlana Kuznetsova(7) 6-3, 4-6, 6-2

 <Semifinals>
Angelique Kerber(2) - Simona Halep(3) 6-3, 6-4
Karolina Pliskova(15) - Garbine Muguruza(4) 6-1, 6-3

 <Final>
Karolina Pliskova(15) - Angelique Kerber(2) 6-3, 6-1


プリスコワが今季2勝目、通算6勝目を飾りました。プレミアのタイトルは初めてです。
セリーナが欠場して空いた穴をスルスルっと駆け上がり、準々決勝でスヴェタに競り勝つとその後は今季のグランドスラマーであるムグルザとケルバーを圧倒。ツアー随一のビッグサーブの持ち主ながら調子にはムラがあり、春先は早期敗退も目立ちましたが、ハマればこれだけの強さを見せるんですね。トッププレイヤー相手に互角以上の戦いができるという自信がついたとは思いますけど、これとGSの活躍はまた別問題。これを弾みに全米でGS初の4回戦進出を果たせるかに注目です。

トッププレイヤーが揃う北米最後の前哨戦だけあって、欠場したセリーナ以外は概ね調整も順調といったところでしょうか。個人的にはケルバー、ハレプ、ラド姉といった守備型プレイヤー同士が勝ったり負けたりのいい勝負を繰り広げてくれているので、それを見るのが楽しみだったりするんですが、今季はハレプとラド姉の対戦がようやく実現した程度で、あとはケルバーとハレプの対戦ばかりなのが淋しいところです。

スヴェタはプリスコワに相性がいいイメージを勝手に持っていたんですけど、調べてみるとこれが初顔合わせだったんですね。きっとブシャールやムグルザと勘違いしていたんでしょう。

ラッキールーザーの土居はセリーナの枠に入ったのを活かしてベスト16入り。全米のシードもほぼ確定し、今後の展開が楽しみになってきました。

ダブルスではペアを解消したヒンギスとミルザが決勝で対戦することに。ミルザ、ストリコワ組がヒンギス、バンダウェイ組を破り優勝しています。昨年無敵だったヒンギス、ミルザペアは今季も最終戦の出場権をほぼ間違いないものとさせていますけど、この分だと最終戦だけ再結成ということはなさそう。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本