デッドプール

deadpool.jpg

繁忙期突破記念に3ヶ月ぶりの映画館。
マーベル系に特別詳しくないとはいえ、R指定の異色作なら観ておかなくてはという心の声に従ったわけですが、確かにこの滅茶苦茶なテンションは映画館で観て正解。ただし、予告編を見た時の期待値には届きませんでした。

本来、洋画は字幕派なんですけど、この作品に限っては吹替えの方が合っているのかもしれません。
というのも、主人公のデッドプールは全編に渡って下品なセリフを吐いているんですが、字幕だと文字数制限などの問題もあって微妙に違うんですよね。聴き取りが苦手な僕が理解できる限りでも、だいぶニュアンスが変わってしまっているなと感じることが多々ありました。喋りまくるヒーローなだけにこの違和感は少し残念。まぁ、日本とアメリカでは笑いのツボも大きく違うため、伝わったとしても笑えたかどうかは謎ですが。
また、予想はしていたけど、主人公が第4の壁を越えて観客に話し掛けてくるのもあまり好きではありませんでした。

それと、アクション自体は前半が個性的だった分、後半は割とオーソドックスで地味に映りましたね。ボスクラスの敵とのタイマンバトルよりもザコ敵をバッタバッタとなぎ倒す方が映像的な見せ場があるというのはヒーローアクションの常ですが、この作品はグロさが特徴なだけにそれが顕著。やはりボスクラスは簡単に首をはねたりできませんし。仲間のミュータントも敵の方も派手な能力がないのが物足りません。

不満ばかりを挙げましたけど、他に類を見ない無責任ヒーローっぷりは何だかんだ魅力的。エロさもグロさも磨きをかけ、他の登場人物も主人公に匹敵するくらいの個性を放てるようになれば、続編は大化けする可能性も秘めていると思います。

★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本