BNP Paribas Open

シャラポワのドーピング問題とともに始まった今大会。
シャラポワに関しては真相はまだ不明ですけど、ツアーで最もコートマナーがいいプレイヤーの一人だと思っていたのに、思わぬ形でキャリアにケチが付いてしまいましたね。本人の意識、スタッフの管理など、いろいろな問題があったんだとは思うんですが、彼女のテニスに対する姿勢は誰もが知っているだけに、早く復帰してツアーに活気をもたらしていってほしいものです。

 <Quarterfinals>
Serena Williams (1) - Simona Halep (5) 6-4, 6-3
Agnieszka Radwanska (3) - Petra Kvitova (8) 6-2, 7-6(7-3)
Victoria Azarenka (13) - Magdalena Rybarikova 6-0, 6-0
Karolina Pliskova (18) - Daria Kasatkina 6-3, 6-2

 <Semifinals>
Serena Williams (1) - Agnieszka Radwanska (3) 6-4, 7-6(7-1)
Victoria Azarenka (13) - Karolina Pliskova (18) 7-6(7-1), 1-6, 6-2

 <Final>
Victoria Azarenka (13) - Serena Williams (1) 6-4, 6-4


アザレンカが早くも今季2勝目を達成。2013年のシンシナティ以来となるセリーナからの白星、そして2014年の夏以来のトップ10復帰というオマケまで付いてきて、彼女にとってはブリスベン以上に大きな意味を持つタイトルになったんじゃないでしょうか。
それに勝ち方がすごいです。ブリスベンでは全試合ストレート勝ち、インディアンウェルズでは3回戦のvsストーサー、準決勝のvsプリスコワでセットを落としたもののファイナルは危なげなく制するなど、全盛期並みの安定感を誇っています。故障がちでシーズン後半に失速することもあるアザレンカだけにまだ読めませんが、セリーナの対抗馬の最右翼に躍り出た感はありますね。

他の上位陣は、やはりケルバーが全豪優勝後に失速、ムグルザもシーズン初めからほとんど勝てていない状況が続いています。ラド姉が出場した4大会すべてでベスト4以上の成績を残しているのが光りますけど、そろそろセリーナから勝利をもぎ取る姿を見せてもらいたいところ。

日本人では奈良がヴィーナスを破って3回戦進出を果たしました。前週のクアラルンプールでブシャールに完敗しましたが、対ハードヒッターの課題を今回はしっかりクリアできた模様。ランキングは落としていますけど、本人のコメントを聞く限りテニス自体には迷いがないようなので、マイアミにも期待します。
日本人といえば、初戦で敗退した土居は、2週目の裏で行われたサンアントニオの125Kトーナメントで見事優勝を果たしました。彼女、昨年9月の東京以降、初戦敗退か決勝進出かという極端な結果が続いているんですよね。それだけに調子が見えづらいところですが、ツアー初優勝だったり、優勝したケルバーを追い込みながらあと一歩というところで敗れた全豪だったり、確実に今後に活きる経験を積んでいるはず。こちらも期待しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本