2016年2月後半の注目作

▼MUSIC

該当作なし。
前半の注目作で取り上げたKanye WestのニューアルバムはストリーミングサービスのTIDALでしか公開されず、つまりサービスの開始されていない日本では聴くことすら許されない状況に陥っています。さらに、Kanye自身が「今後もAppleのサービスやフィジカルリリースするつもりはない」とツイート。アルバムタイトルの変更やトラックリストの公開に翻弄され、数日前から過去作を聴き返してきたファンとしては、裏切られた思いですよ。遠い日本で新作を待ちわびていたファンのことなんて考えていないんだな…。

▼GAME

△2/18【ストリートファイター5 (PS4)】

数年前にカプコンの2D格闘を買った時は腱鞘炎真っ盛りで、数ゲームプレイしただけでコントローラーが持てなくなるくらいでしたが、今でもたまに遊びたくなるのが格闘ゲームなんですよね。しかし、学生時代とは違い、腕を競えるような相手は身近にいないし、かといってオンラインをメインの戦場にするには時間と気力が足りない…。というわけで購入するには敷居が高いかな。そもそもPS4を持っていないので、迷う余地もないんですが。

▼MOVIE

〇2/27【ヘイトフル・エイト】
△2/20【牡蠣工場】
△2/27【偉大なるマルグリット】

この中で最優先は、タランティーノの新作「ヘイトフル・エイト」。キャストはあまり惹かれませんが、タランティーノ的密室ミステリーがどういったものに仕上がるかは非常に興味深いところです。ただ、3時間を超える上映時間が映画館へ行くのを躊躇させるんだな…。

その他の二作はいずれも上映館が小規模ながら、予告編だけでグッと惹き込まれたので、劇場観賞とまではいかなくてもDVDで観ておきたいところ。

▼DVD、Blu-Ray

△2/19【ナイト・クローラー】
△2/24【バケモノの子】
△2/24【ジュラシック・ワールド】

「ナイト・クローラー」はTSUTAYAで先行レンタルされていたので、早速借りてみました。期待値が高すぎたこともあり、物足りなく感じる部分もありはしたんですが、ジェイク・ギレンホールが本気で嫌いになりそうなほどの怪演は必見! 近々レビューを書きます。

その他、ポスト宮崎駿の最右翼と見られている細田守監督の「バケモノの子」、そして日本では昨年最高の興行収入を挙げた「ジュラシック・ワールド」など注目作が発売。
「ジュラシック・ワールド」は本当なら3Dか4DXの映画館で楽しみたかったんですけど、機会を逃してしまったのでブルーレイで妥協します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム