痴人の愛 / 谷崎潤一郎



少し前に、某TV番組で谷崎潤一郎のマゾヒストな一面について触れていて、この変態が書く小説というのはどんなものなんだろうと興味を持ったので、さっそく手に取ってみました。

28歳のサラリーマン河合譲治は、カフェで給仕していた15歳のナオミに惚れ込み、彼女を自宅に引き取り育てることにします。やがて二人は結婚をし、ナオミは魅力的な女になるべく教育されていくわけですが、徐々に自分の魅力に気付き始めたナオミは次第に他の男ともつるんで遊び歩くように…。譲治はナオミの浮気を知って一度は憤慨し、家を追い出すものの、結局彼女を失っては何も手につかず、戻るように懇願する。

とまあ、中盤で完全に主従関係が逆転してしまうのが面白いところ。
奔放すぎて、傍から見れば放っておけばいいのに…と感じるような女でも、身近な男から見ればどうしようもなく魅力的というのはよくある話で、現在、昼ドラの「新・牡丹と薔薇」でワガママな妹っぷりを発揮している美輪子にも通ずるところがあるのかもしれません。と言っても、やはり客観的に見る分にはたまらなく嫌な女なんですけども。
譲治も、ナオミの浮気相手の一人である浜田の弁解に対し、怒るどころか同じように弄ばれた者同士として同情してしまうような何とも情けない男。気持ちも解らなくもないですが、理解できたらできたで自分の中にある情けなさを突き付けられたような気にもなって、憂鬱になるんですよね。
そんなわけで、誰の立場で読んでもイライラしてしまう内容ではあるものの、「馬鹿馬鹿しいと思う人は笑って下さい」という譲治のことばが物語るように、恋愛というものは他人が踏み込むことができない二人だけの世界が存在するのだということをまざまざと思い知らされる作品でした。

超客観的に見ると、他人の夫婦生活を盗み見るようなスリルもあって、それはそれで面白いものです。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本