007 スペクター

spectre.jpg

休暇に突入した年末に、観に行ってきました。
ダニエル・クレイグ版のボンドはすべて観ているので準備は万端と思っていましたが、甘かった…。シリーズ初期からの知識がないと発見できない小ネタが満載。もちろんそれを知らなくても問題はないんですが、盛り込みすぎた分、知識がない人間にとってはまとまりに欠ける印象が残ってしまいます。

とはいえ、メキシコシティでの死者の日の祭りが行われている冒頭だけで、映画館で見た甲斐があるというもの。
ヘリコプターの中でのバトルは実は死者が出たんじゃないかと疑ってしまうほど無茶苦茶で、群衆の上で回転するヘリに興奮が抑えられませんでした。ここからサム・スミスの主題歌になだれ込むまでの展開は完璧。

ただ、これだけのものを見せられると、一気にハードルが上がるのは当然のこと。前作も前々作もそのせいでアクションの割合が落ちる中盤はダレましたが、今作も同じ問題に直面してしまっているんですよねぇ。要所要所に挟まれるアクションも、あのヘリアクションを超えるものはありませんでした。

アクション以上に残念だったのはキャラクターの掘り下げ。前作までのジュディ・デンチのMに馴染んでいた身にはいまだ淋しさが拭えませんし、黒幕のクリストフ・ヴァルツも「スカイフォール」のハビエル・バルデムほどの狂気は感じられず、単に私怨のために動いているので醸し出す恐怖感はゼロでした。
ボンドガールのレア・セドゥはなかなかよかったですよ。彼女、「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」でブルジュ・ハリファから突き落とされた人ですよね。個性的な顔立ちではないのに、なぜかいつも印象に残ります。もう一人のボンド・ガールであるモニカ・ベルッチはさすがに年を取ったな、と。お色気全開の登場シーンは彼女の得意とするところですが、残念ながらあまり品のある女性には映らず、レア・セドゥが出てきてからはほとんど記憶から消されてしまいました。
僕としては、ベン・ウィショー演じるQの出番が増えたのが嬉しかったですけど、そのキャラクターにしてもそれほど魅力的には思えなかったな。どうも文化系男子を好きな女性向けキャラに見えてしまう…。

そんなわけで、ストーリー面では大満足とはいかず、予備知識がないとオススメもしづらい作品ですが、それでも大抵のアクション映画よりは遥かによくできていますし、過去作が楽しめた人なら躊躇なく映画館で観るべき1本だと思います。
個人的な好みでは
カジノ・ロワイヤル>>スカイフォール>スペクター>慰めの報酬
の順かな。
これでボンド役が交代しても違和感ない終わり方だったものの、ダニエル・クレイグが好きなだけにもう一作出演して「カジノ・ロワイヤル」を超えてもらいたいところです。

★★★★★★★☆☆☆

◆前作の評価
「007 スカイフォール」 ★★★★★★★☆☆☆
スポンサーサイト

テーマ : 007シリーズ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム