2015 BEST MUSIC

再生回数では、
1. To Pimp A Butterfly / Kendrick Lamar
2. 1989 / Taylor Swift
3. x / Ed Sheeran
4. Reality Show / Jazmine Sullivan
5. Kaleidoscope Dream / Miguel

でした。
例年ならば再生回数40回クラスのアルバムは1枚出るかどうかといったところなんですが、今年は3枚も出ました。昨年末に中古で購入したEd Sheeranは聴けば聴くほど魅了されて、2014年ベストのLordeに匹敵するほどのお気に入りに…。Taylor共々シングルヒットが続いたこともあり、年間通して聴き続けました。

1. To Pimp A Butterfly / Kendrick Lamar
傑作と言われていた前作がピンと来なかっただけに、今回のハマりっぷりは自分でもビックリでした。ジャズの要素の強いトラックに最初は抵抗があったんですが、リリックを熟読してから聴き返したら一気に世界が広がってヘビロテ化。
どのメディアでも1位に年間ベストに選出されているのも納得の傑作です。



2. Reality Show / Jazmine Sullivan
最初のうちは地味で前2作には及ばんな~と思っていたんですけど、終わってみればそれらを超えるくらい聴き続けています。R&Bが死滅寸前の今だからこそ余計に「Let It Burn」が沁みてきます。

3. Kaleidoscope Dream / Miguel
1stも結構聴きましたが、この2ndは世界観を統一しながら間口を広くすることにも成功。一作遅れで聴いてきましたが、4thアルバムが出る前に「Wildheart」を入手して聴き込んでおかないと。

4. 1989 / Taylor Swift
全体的には無難な作りではありますが、1曲1曲がポップミュージックとして秀逸で、シングルカットのたびにアルバムとしての表情を変えていったイメージがあります。商業面での成功も物語るように路線変更は多くのファンに認められたということでしょう。

5. Beauty Behind The Madness / The Weeknd
今年の主役の一人。コアなR&Bファン向けのアーティストだと思っていた彼がまさか全米ナンバーワンヒットを2曲も出すなんて。
アルバムの方は期待値が高すぎたせいか物足りない部分もあるものの、今年の音楽界を語る上では外せない1枚でしょう。

6. 宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について- / Various Artists
期待値とのギャップという点では今年のナンバーワン。宇多田の歌でないと魅力半減と思いきや、ソングライターとしての彼女の魅力を再確認できるアルバムになっていました。普段興味がないJ-POPアーティストが意外と違和感なく聴けたのも大きな収穫でした。

7. 1000 Forms Of Fear / Sia
聴き始めたのが年末だったのでまだレビューできていませんが、「Chandelier」のPVのインパクトだけに終わらず、そしてこれだけバラエティに富みながら主役の個性が前面に出たポップ・アルバムはかなり珍しいと思います。

8. Fever / 三浦大知
日本人アーティストのアルバムがトップ10に2作入るのは、年間ベストを作り始めてからは初めてのことでは? 曲によって好き嫌いは大きく分かれるんですけど、「Make Us Do」のような色気のあるR&Bトラックが存在するだけでアルバムの価値が一気に高まります。

9. 25 / Adele
売れるとは言われていましたが、予想の数倍上をいくセールスで音楽史の記録を次々と塗り替えたモンスター・アルバム。年末に購入したアルバムがどれもよかったせいで本作はまだ聴き込めていませんが、既に完成されていた彼女の力がさらに進化(深化)した作品です。

10. Tetsuo & Youth / Lupe Fiasco
年始リリースなので印象はやや薄くなったものの、最近迷走気味だったLupeが久々にコンセプトがはっきりしたアルバムを出してくれたという幸せに包まれる1枚。

続いて部門賞へ…。
<Best Artist>Kendrick Lamar
文句なしのMVP。理由は上に書いた通りですが、前作にハマらなかったにもかかわらず国内盤を発売日に購入した自分の英断を讃えてやりたいです。

<Best New Artist>Fetty Wap
義眼のラッパーというインパクトだけで終わらず、コンスタントにシングルヒットを出し続けたFetty Wapは次世代MCとしての可能性も秘めていると期待。次点は「Here」でブレイク中のAlessia Cara。こちらもR&Bの世界に新風を起こしてくれると大いに期待しています。

<Best Producer>Jack Ü
Max Martinは昨年に続き、今年もThe Weekndのアルバムなどで活躍。しかし、印象としては「Where Are Ü Now」をヒットさせて、Justin Bieberの新境地を切り拓いたJack Üの方が上でした。

<Best Music Video>Lean On / Major Lazer & DJ Snake
ショートフィルムのように見応え十分のKendrick Lamar「Alright」、グザヴィエ・ドランが監督したAdele「Hello」、二人だけのダンスシーンが最高に美しいEd Sheeran「Thinking Out Loud」など、2015年はいいビデオにたくさん出会えました。最終的にSilentoの「Watch Me」と迷いましたが、あちらはオフィシャルではなくこのビデオの方がよかったので、「Lean On」に軍配が上がりました。オリエンタルな世界観と妙なダンスが癖になる「Lean On」、日本でも流行ってほしいんだけどな。


【POP/ROCK】

<Best Male Artist>Ed Sheeran
<Best Female Artist>Taylor Swift
<Best Male Album>Purpose / Justin Bieber
<Best Female Album>1989 / Taylor Swift
<Best Male Single>Bloodstream / Ed Sheeran
<Best Female Single>Bad Blood / Taylor Swift feat. Kendrick Lamar


「Bloodstream」はUKではRudimentalによるのRemixがヒットしましたが、僕は原曲の方が好きですね。
Justin Bieberはじわじわとハマり始めています。現状に甘えず新たなことにチャレンジしながら、どれも成功に導いていることを考えると、やはり才能豊かなアーティストなんだなと感心させられます。

【R&B】

<Best Male Artist>The Weeknd
<Best Female Artist>Jazmine Sullivan
<Best Male Album>Kaleidoscope Dream / Miguel
<Best Female Album>Reality Show / Jazmine Sullivan
<Best Male Single>該当作なし
<Best Female Single>Here / Alessia Cara


チャート上ではThe Weeknd以外壊滅状態だったR&B。そのThe Weekndにしてもアルバムの制作はMax Martinが中心となり、もはやJustin Bieberよりも白い内容になっていますが、これもまたR&Bの方向性を示した作品として評価したいところ。
そんな中、Jazmine SullivanやMiguelが売りに走らなくても素晴らしいアルバムを出してくれたこと、そして年末にAlessia Caraという10代の新星が現れたことが嬉しいニュースでした。

【HIPHOP】

<Best Artist>Kendrick Lamar
<Best Album>To Pimp A Butterfly / Kendrick Lamar
<Best Single>Watch Me / Silento


Drakeが2枚のミックステープで全米1位に輝いたかと思えば、Kendrick LamarやBig Sean、Futureも存在感を高め、シングルヒットを機に勢いのある若手も登場してきたヒップホップ界。2016年はDrakeのフルアルバムや、大本命のKanye Westもいよいよ新作を届けてくれそうで、ますます活性化しそうですね。
シングルも豊作で、惜しくも選外となりましたがMajor Lazer & DJ Snakeの「Lean On」や、Fetty Wap「Trap Queen」も今年を代表するトラックでした。

<Best Domestic Album>宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について- / V.A.
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本