'15 12/18 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Hello / Adele <4,1>
(2)2. Sorry / Justin Bieber <4,2>
(3)3. Here / Alessia Cara <3,3>
(4)4. What Do You Mean? / Justin Bieber <8,4>
(6)5. Hotline Bling / Drake <7,2>
(5)6. Love Yourself / Justin Bieber <2,5>
(7)7. The Hills / The Weeknd <12,1>
(8)8. Stitches / Shawn Mendes <7,6>
(14)9. Same Old Love / Selena Gomez <4,9>
(10)10. Like I'm Gonna Lose You / Meghan Trainor feat. John Legend <3,9>


年末の主役になっているAdeleがV3達成で、2015年最後のチャートを制しました。Selena Gomezの新曲が9位に浮上していますが、他は特に動きのないチャートになっています。

(11)11. Alright / Kendrick Lamar feat. Parrell Williams <14,9>
(9)12. 679 / Fetty Wap feat. Remy Boyz <9,7>
(17)13. Lean On / Major Lazer & DJ Snake feat. M0 <11,2>
(15)14. Ex's & Oh's / Elle King <4,14>
(16)15. Let It Burn / Jazmine Sullivan <7,15>
(20)16. On My Mind / Ellie Goulding <2,16>
(RE)17. Can't Feel My Face / The Weeknd <12,3>
(RE)18. Jumpman / Drake & Future <3,16>
(18)19. How Many Drinks? / Miguel feat. Kendrick Lamar <8,10>
(12)20. Wildest Dreams / Taylor Swift <7,6>


11位以下もニュー・エントリーはなし。The WeekndとDrake & Futureが戻ってきた程度の動きなので、今週は過去に紹介しそびれたPVを載せていきます。

まずは14位のElle King(エル・キング)。曲名の「Ex's & Oh's」を声に出して読んでみると解るとおり、「Xs & Os=キス&ハグ」の意味。そこに元カレの意味であるExを絡め、自分の元に戻ってこようとする男をあしらう内容となっています。
レトロ感漂わせるヴォーカルはDuffyを彷彿とさせますが、Adeleがシーンをリードし、Meghan Trainorあたりも台頭してくるなど、時代と逆行するようなサウンドがヒットしているのがかえって新鮮ですね。


そして16位のEllie Goulding(エリー・ゴールディング)。
2015年は映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のサントラに収録された「Love Me Like You Do」が自身最高のヒットとなったEllie。残念ながらこの曲は中ヒット止まりで、アルバムも大ブレイクとはいきませんでしたが、着実に地位を固めたとも言えますね。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム