25 / Adele



今年最大の話題作と評されたAdele(アデル)の3rdアルバム。全米では初動からミリオン超えという話もありましたけど、蓋を開けてみれば338万枚を売り、N'Syncの「No Strings Attached」が持っていた242万枚という初動記録を大幅に塗り替える快挙を達成してしまいました。当時とは集計方法が変わりましたが、むしろアルバムが売れなくなっているこの時代にこの記録を残したことが驚きです。あのTaylor Swiftの「1989」でさえ初動130万枚でしたから…。

内容の方も、Adeleらしさは一切薄れずに、より広い層にアピールできる、隙のない一枚に仕上がっています。
何といってもドラマチックな展開の「(1)Hello」が最高です! シンプルなメロディの上を、ここまでヴォーカルの力だけで圧倒できるアーティストは本当に限られているなぁと改めて実感。もちろんそこにはグザヴィエ・ドラン監督のPVの力もあるでしょうけどね。

「(4)When We Were Young」などはオーソドックスな分、多くの人にウケそうですが、個人的な好みとしては、パーカッションの重低音が壮大な世界を生み出した「(3)I Miss You」、アコースティックで哀愁漂う「(9)Million Years Ago」、多くの感情を含ませたような歌い方がライヴ映えしそうな「(10)All I Ask」あたりを推したいところ。もちろんそれ以外にも捨て曲なし。アップであろうとバラードであろうと、その声には強さと繊細さが秘められていてゾクッとさせられます。

はっきり言ってしまえば好みど真ん中というわけではないんですけど、一度目より二度目、二度目より三度目…、と聴くたびに味わいを増しているのは事実なので、星の数も増やさざるを得ませんね。デビュー当時から完成されていたのに、全く軸がブレることなく、飽きられもしないというのが怖ろしいところ。と同時に、洋楽ファンとしては好みに関係なく、数年に一度あるかないかのお祭り騒ぎに乗っかっておくべきという思いも沸いてきます。
唯一不満を挙げるとすれば、ボーナストラックならではの遊び心とはいえ、日本盤ラストの「(14)Why Do You Love Me」がどうも据わりが悪い点。だったら安い輸入盤でいいじゃんと言われそうですが、その直前の「(13)Lay Me Down」は素晴らしいんだよなぁ。

★★★★★★★★☆☆

◆前作の評価
「21」 ★★★★★★★☆☆☆

「Hello」(US1位、UK1位)
スポンサーサイト

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本