セッション 他

セッション ★★★★★★★★☆☆
ジャズ専門家の菊地成孔氏と映画評論家の町山智浩氏がネット上でやり合っていたことが最大の話題になってしまった本作ですが、映画としては間違いなく傑作レベル。天才を生み出すために生徒を極限まで追い込む鬼教師を演じたJ・K・シモンズが圧巻。彼とマイルズ・テラーの二人だけでほぼ全編見せてしまうパワーを持っています。
展開自体は平坦です。ジャズの知識もないので演奏がどのくらいすごいのかも判りません。緊張感がありすぎて人を選ぶという側面も否定できず。しかし、自分は観賞中に不快になることは一切ありませんでした。理不尽なしごきに直面しながらも反骨心を剥き出しにし、これほど魂をぶつけられるものがあるということが純粋に羨ましく、その分、反撃のラストに大興奮。その興奮のせいか、ジャズの喧騒も心地良かったです。芸術の中に潜む狂気は「ブラックスワン」を彷彿とさせるものがありますね。
仕事で上司に厳しく叱られて滅入っている人にオススメしたいですけど、本当に落ち込んでいる人にはダメージも大きいかもしれないので、そこだけ要注意。



鑑定士と顔のない依頼人 ★★★★★★★★☆☆
鑑定士の仕事をしている女性を知らない老人(ジェフリー・ラッシュ)が、声だけで姿を見せない広場恐怖症の若き女性に恋をする物話。と聞けばロマンチックなラブストーリーのようですが、実際はじわじわと攻め立ててくるミステリー。
要所要所に思わせぶりなセリフが散りばめられているので、結末は何となく予想できてしまったんですけど、そこだけに止まらない仕掛けもありますし、見せ方も非常に上手なので予想以上に楽しめました。ハッピーエンドともバッドエンドとも受け取れるラストも含め、個人的にはかなり好きな部類の映画です。
好きな理由の一つには、ジム・スタージェスの存在もあります。これまでも好きな俳優ではあったんですが、その割にどの役も印象に残らなかったんですよね。しかし今回は一見正統派のようなのに一癖ある青年で、観賞後には「こんな男だったのか…」と脱力感に襲われました。主人公との関係も変化があって見どころ満載。またこんな役を見たいものです。

◆ジュゼッペ・トルナトーレ監督作品の評価
「ニュー・シネマ・パラダイス」 ★★★★★★★★☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム