沈黙 / 遠藤周作



熱心な信者だった恩師フェレイラが日本で棄教したというニュースを聞き、司祭ロドリゴはポルトガルから日本へ渡ってその謎を追います。長崎に着いて隠れキリシタンに匿われ、仲間の殉教を目の当たりにしたロドリゴは、最終的に棄教に至るのか、信仰を持ち続けるのか…。そして祈り続けるロドリゴに対し、神はなぜ"沈黙"し続けるのか…。

はっきり言って、先が気になってページをめくる手が止まらないタイプの作品ではありません。読みづらいとさえ感じました。それでも、今年ここまでに読んだ中では最も心に残る本であることは間違いありません。

昔、歴史の授業で踏み絵を知った時から、信仰なんて心の内にあるものなんだから、布教の可能性を潰してしまうのに比べたら形だけの踏み絵くらい大したことないじゃないかと考えていたんですが、あまりに浅はかでした。
終盤、ロドリゴは残虐な拷問でキリシタンを迫害する井上筑後守や、尊敬するフェレイラからも「日本ではキリスト教は根付かない」といようなことを言われます。確かに、島国である日本は保守的で、外部から入ってくるものに対し排他的な一面がありますね。それに加えて、悪意がなくても布教の過程で教えが歪められてしまうことも指摘されます。芸術とは違い、宗教は人それぞれの解釈を持ってしまうことが危険なもので、時にはそれが発端で戦争に突入してしまうわけで、これが宗教の難しさであると思わされました。

主人公が苦難の中で思い悩むことで一つの国、一つの宗教を多方面から見ることができ、あの井上筑後守でさえ、単純に悪と割り切れない人物に描かれているのがすごいところ。
個人的には、ロドリゴの存在を密告したキチジローに最も感情移入できました。キリストを裏切ったユダと同じ立場にある彼の存在が人間の弱さを描いていて、最後に許しを請う彼に対しロドリゴが発した、
「強い者も弱い者もないのだ。強い者より弱い者が苦しまなかったと誰が断言できよう」
ということばが、暗く重い作品の中で大きな救いをもたらしていました。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム