Dongfeng Motor Wuhan Open

 <Quarterfinals>
Garbine Muguruza (5) - Anna Karolina Schmiedlova 6-2, 6-2
Angelique Kerber (6) - Coco Vangewegne 6-1, 3-1 ret.
Roberta Vinci (15) -Karolina Pliskova (8) 7-6(7-2), 6-3
Venus Williams - Johanna Konta 6-4, 3-6, 7-5

 <Semifinals>
Garbine Muguruza (5) - Angelique Kerber (6) 6-4, 7-6(7-5)
Venus Williams - Roberta Vinci (15) 5-7, 6-2, 7-6(7-4)

 <Final>
Venus Williams - Garbine Muguruza (5) 6-3, 3-0 ret.


ラドワンスカ姉とベンチッチは東レ決勝の翌日に武漢で初戦とは、かわいそうなスケジュール。さらにいきなりヴィーナスというタフドローだったラド姉は初戦敗退、ベンチッチは何とか初戦を突破したものの2回戦を棄権という、やっぱりな結果に終わりました。

他もシーズン終盤だけあって故障者が続出していますね。
ブシャールは全米での脳震盪から回復していないようですし、ウィンブルドン以来満を持しての復帰となったはずのシャラポワも初戦を途中リタイア。さらにアザレンカやムグルザも怪我を抱え、セリーナに至っては既にシーズン終了を表明してしまいました。

となれば、ハレプに期待したいところでしたけど、何とコンタ相手にファイナル5-1から6ゲーム連取されての逆転負け。彼女には珍しい負け方なのが気掛かりです。
逆にコンタの方はペトコ、アザレンカ、ハレプを連破してのベスト8入りで、ワトソンとロブソンが伸び悩んでいる間にイギリスナンバーワンの座に躍り出ました。

そんな荒れに荒れたトーナメントを制したのがヴィーナス。これでツアー47勝目、通算勝利数も700勝を突破しました。伊達が38歳でテニス界に復帰した時は驚きましたし、45歳になった現在も世界を転戦していることも驚異的ですけど、35歳のヴィーナスがいまだにトップ10レベルの実力を持っているというのもすごいことですね(それを言うとセリーナはどうなんだ?となるでしょうが…)。
正直、現在はトップ10でも4位以下は安定感に欠ける面子ばかりでピンと来ない部分もあるので、ヴィーナスにはそこに殴り込んでいってもらいたいところです。

しかし、今週最大のニュースはタシケント。
日比野がツアー初優勝を飾りました。昨年末はトップ200にもいなかったプレイヤーで、ツアー参戦も先月のJapan Women's Open Tennisが初というレベルなので、こんなに早く結果を出してくるとは思ってもいませんでしたよ。東レの予選2回戦も完勝ながら特別なものは感じませんでしたし。それでも、ここまで勢いよくトップ100に飛び込んでくる日本人女子はしばらくいなかったので、これを機に日本女子全体が活気づいてくれればと期待します。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本