全米オープンテニス2015 準々決勝

Serena Williams (1) - Venus Williams (23) 6-2, 1-6, 6-3
Simona Halep (2) - Victoria Azarenka (20) 6-3, 4-6, 6-4
Flavia Pennetta (26) - Petra Kvitova (5) 4-6, 6-4, 6-2
Roberta Vinci - Kristina Mladenovic 6-3, 5-7, 6-4


準々決勝はすべてフルセットに縺れたものの、予想が的中。

グダグダになりがちだったW姉妹対決ですが、今回はヴィーナスのサービスも安定し、拮抗した戦いになったようですね。最近は20位付近が定位置となってしまった観はあるものの、今季はGSに照準を合わせた戦いができたとは思いますし、来季にも期待したいと思います。

姉妹対決を抑えて、個人的に準々決勝最大の注目カードだったハレプvsアザレンカは、期待通りの激戦でしたね。どのセットも一時はアザレンカがリードするも、安定感に勝るハレプが最終的には流れを手繰り寄せました。
リシキ戦は決して内容はよくなかったと語っていたハレプですが、この日は機敏さとボールコントロールを活かした粘り強いストローク戦を軸に、切り返しも炸裂し、アザレンカの38を上回る40ものウィナーを記録しました。それでいて、アンフォーストエラーはアザレンカの半分以下なのだから、それだけでもいかにラリーを支配していたか解ります。
ただ、最近は連戦続きでガス欠に陥ることも少なくないので、あとは1ポイントを短くすることが課題でしょうか。ツアートップクラスの展開力を誇りながら、ネットプレーが少ないのも彼女の特徴。今はそれでもある程度勝てますけど、必ず対応される日が来ます。GSの7戦を安定して勝ち上がるためにも、大会終盤に余力を残せるようなテニスが必要にはなるでしょう。

アザレンカの方は相変わらずサービスの弱さを露呈していますね。サービスゲームのポイント獲得率が52%。相手がハレプであることを踏まえても、あまりに物足りない数字です。実力的にはもうトップ5レベルに戻っていい頃だと思うんですが、ドロー運の悪さもあって苦しんでいる模様。そうなると、そろそろトップ3あたりを自力で突破していきたいところでしょうし、そのためにはサービスのレベルアップが必要になるはずです。

さて、準決勝はトップ2にベテランのイタリア勢が挑むという形になりました。
セリーナはヴィンチに過去4戦全勝。大舞台の経験、自国民の後押し、あらゆる面でセリーナが有利なのは確か。27年ぶりの偉業達成に向け、確実に追い風が吹いています。
もう一方はペンネッタがハレプを3勝1敗とリードしています。しかし、直近の対戦ではハレプが初勝利を挙げており、現在のランキングが物語るようにハレプの方が力は上です。あとは彼女のフィジカルがどこまで持つかどうかといったところが鍵でしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム