Music Review (2015年8月Part1)

V / Maroon 5 ★★★★★★★☆☆☆
久々に楽しく聴けるMaroon 5(マルーン5)のアルバム。
シングル「(1)Maps」、「(2)Animals」、「(5)Sugar」は曲調が違いながらもどれもキャッチーで、ヒットも頷けるクオリティですが、Adamの高音ヴォーカルを抑え目にした「(3)It Was Always You」や「(4)Unkiss Me」がまた出色の出来。そして、これでもかと言わんばかりにテンション高く攻め立ててくる「(7)In Your Pocket」や、さすがに飽き始めたなという頃にGwen Stefaniのヴォーカルが最高のアクセントになる「(11)My Heart Is Open」など、多彩な楽曲で惹き込んでくれます。何と言っても制作陣にはMax MartinにBenny Blanco、ShellbackやRyan Tedderまでいますからね。個性的なヴォーカルさえあれば、外部の音を入れてもちゃんと"らしさ"を出せるという見本のような1枚。
自分はもちろん今でもデビュー作の作風を期待してしまうんですが、これだけ安定したポップサウンドを届けてくれればもう文句も言えません。

◆前作の評価
「Overexposed」 ★★★★★★☆☆☆☆



「Sugar」(US2位、UK7位)


A.K.A. / Jennifer Lopez ★★★★★★★☆☆☆
2011年、「On The Floor」がヒットしたことにより、かえってRedOneの呪縛にかかってしまったようなジェニロペでしたが、「Dance Again」と「Live It Up」が思ったほどのヒットにならず、RedOneを抜いたアルバムを作ったことがいい結果に繋がったのではないでしょうか。新作はラテン色の強いポップサウンドに、R&Bやヒップホップといった彼女のルーツがバランスよく配合されています。EDM色が薄れたことで地味にはなりましたけど、アルバムの流れはスムーズで自然体という印象を受けます。
その名の通りのお尻ソング「(10)Booty」では、アルバムではPitbillとの安定共演ながらも、シングルカットにあたりゲストをIggy Azaleaに差し替え、PV(下の動画参照)では見事なお尻対決を披露。20歳若いIggyにも引けを取らないプロポーションで、音だけでなく視覚的にも楽しませてくれます。
女優としても歌手としてもピークを過ぎた感は否めないものの、無理に若作りすることもなく、それでもダンスも声もまだ若々しく、魅力を保っているのは素直にすごいと思います。欲を言えば、次作はバラードのクオリティアップを期待したいところ。

◆前作の評価
「Love?」 ★★★★★★★☆☆☆



「Booty」(US18位)
スポンサーサイト

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本