'15 7/31 Music Chart

Billboardと自分のランキングを融合させた独自の隔週Music Chart。
カッコ内は前回の順位。<>内は順に登場回数と最高位になっています。

(1)1. Bad Blood / Taylor Swift feat. Kendrick Lamar <6,1>
(2)2. Watch Me / Silento <4,2>
(3)3. Cheerleader / Omi <4,3>
(5)4. Can't Feel My Face / The Weeknd <3,4>
(4)5. See You Again / Wiz Khalifa feat. Charlie Puth <9,2>
(6)6. Trap Queen / Fetty Wap <11,3>
(9)7. Fight Song / Rachel Platten <3,7>
(7)8. Shut Up And Dance / Walk The Moon <9,4>
(NEW)9. Lean On / Major Lazer & DJ Snake feat. M0 <1,9>
(20)10. The Hills / The Weeknd <2,10>


トップ2の強さは変わらずですが、OmiやThe Weekndも順調にポイントを伸ばしています。Omiは全米1位になった時にダウンロードしたんですけど、やはりこの季節はカラッとした音が心地良いですね。繁忙期は寝不足で仕事に行かなくてはならない日も多いので、朝、家を出た直後にこれを流して気分を高めることが増えました。

さて、次の全米1位候補とされているThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)のPVがついに公開。
炎に包まれる終盤の演出はインパクト大であるものの、全体的には驚きの少ないビデオでした。まぁ、曲調と彼のステップを見る限り、Michael Jacksonへのオマージュといったところでしょうか。


そして9位に初登場がMajor Lazer & DJ Snake(メジャー・レイザー&DJスネーク)。
トラックもビデオもオリエンタルな世界観のEDM。インドは人口増加だけでなく、ボリウッドと呼ばれる映画産業でも世界的な注目を集めており、音楽面でも今後欧米により強い影響を与えることになりそうです。一流のダンス・パフォーマンスではなく、みんなで揃って踊れるという点も現在の流れにピタリとハマったでしょうか。


(14)11. Bloodstream / Ed Sheeran & Rudimental <7,10>
(12)12. Alright / Kendrick Lamar feat. Parrell Williams <4,12>
(8)13. Where Are U Now / Skrillex & Diplo With Justin Bieber <2,8>
(15)14. Style / Taylor Swift <13,2>
(10)15. Hey Mama / David Guetta feat. Nicki Minaj & Afrojack <6,8>
(17)16. Worth It / Fifth Harmony feat. Kid Ink <3,16>
(11)17. Honey, I'm Good. / Andy Grammer <6,10>
(NEW)18. My Way / Fetty Wap feat. Monty <1,18>
(RE)19. Thinking Out Loud / Ed Sheeran <16,1>
(16)20. B**** Better Have My Money / Rihanna <3,16>


11位以下の初登場は18位のFetty Wapのみ。
さすがに「Trap Queen」ほどの中毒性はなさそうですが、カットしたシングルが立て続けにヒットしているところを見ると、年内にリリースされるデビューアルバムは大きなセールスに繋がる可能性大です。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本
いぬふくの今やってるゲーム