Internazionali BNL d'Italia

 <Quarterfinals>
Simona Halep (2) - Alexandra Dulgheru 6-1, 6-0
Maria Sharapova (3) - Victoria Azarenka 6-3, 6-2
Carla Suarez Navarro (10) - Petra Kvitova (4) 6-3, 6-2
Daria Gavrilova - Christina McHale 6-2, 6-4

 <Semifinals>
Maria Sharapova (3) - Daria Gavrilova 7-5, 6-3
Carla Suarez Navarro (10) - Simona Halep (2) 2-6, 6-3, 7-5

 <Final>
Maria Sharapova (3) - Carla Suarez Navarro (10) 4-6, 7-5, 6-1


クレー季に突入しても調子が上がってこないように見えていたシャラポワがここにきて優勝。終わってみれば、全仏の前哨戦で最も活躍したプレイヤーになりました。スタッツを見る限りでは調子自体はまだまだ不安定なようにも思えますけど、今や全仏は3年連続決勝進出を遂げている相性抜群のトーナメントですから、上手く調整してくれると信じています。

そして準優勝のカルラ。今季は初戦敗退を喫した全豪以外、すべてのトーナメントでベスト8以上の成績を残す見事な安定感。サーフェス問わず活躍できる人ですが、特に赤土は大半のスペイン人プレイヤーが好むだけに、全仏もトップ3に続く優勝候補として挙げたいところです。ただ、彼女の場合、シャラポワ以上にセリーナにカモにされているので、直接対決の前にセリーナが負けてくれることが条件になりそうですが…。

さらに、ベスト4入りしたガブリロワも忘れてはいけませんね。200位以下のスタートだった年始からあっという間に45位にまで駆け上がってきました。きっと全仏最大の迷惑ノーシードで、多くの上位勢が早い段階で彼女と当たりたくないと思っていることでしょう。
どんなプレーをするんだろうと思い調べていたら、昨年の東レPPO予選でタウンゼントを破ったプレイヤーだったことが判明。しかしタウンゼントの応援に回っていたため、ほとんど記憶にありません…。ただ、典型的なロシアンフラットを駆使する選手だったとは思います。現在はロシア国籍ですが、メルボルンを拠点にしており、オーストラリア国籍を取得する予定があるそう。クルニコワ、シャラポワに続くアイドルが出て来ず、若手が育ち切れていないロシアにとっては痛い話です。

本当なら全仏も優勝候補筆頭であるはずのセリーナは右肘の故障で3回戦を棄権しました。GS直前なので大事を取ったと考えられますが、彼女が調子を崩しているようだと大会は荒れるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本