紙の月 / 角田光代

どこか満たされない結婚生活を送る中、大学生との不倫がきっかけで、横領を重ねる女性銀行員の物語。

記録を遡っていくと、過去に実在した女性の横領事件ってどれも男絡みなんですよね。確かに、男の方は意中の相手に好かれたい時に経済力で自分を大きく見せようとするかもしれませんが、女性のように行き着くところまで行ってしまうケースはほとんどないような気がします。本作でも、その男女の差が分かりやすく出るなぁというのが率直な感想。なので、自分も主人公の気持ちは理解できるけれど、その行動に至った理由までは理解できませんでした。

と同時に、あまりに愚かとは思いながらも、こういった気持ちの揺れは誰にでもあるんだと納得させられた部分もあります。主人公の梨花も最初に手を着けたのは営業の顧客から預かった数万円。それも化粧品を買いたかったが手持ちがなかったために借りただけであり、実際にすぐに返しています。しかし、同じ過ちを犯さないために作ったクレジットカードによって泥沼にハマり、後戻りできないくらいの額を大学生の光太に注ぎ込むように…。
最も怖いのは、大きな悪意を持っていなかった平凡な主婦が共犯者もなしに罪を重ねる点ですね。だから犯罪が明るみに出た時の梨花の孤独感を想像してゾッとしました。
お金が関わってこなくても、この「一回きり」から深みにハマった経験を持つ人は多いんじゃないでしょうか。決して楽しい気分にはならないものの、いろいろと考えさせられる本ではあります。

ただ、別の道を歩んでいる梨花の同級生のエピソードは必要だったのかな。一つ一つの話は面白く、いいアクセントにもなっていたんですけど、梨花の事件をまとめるにはパンチが弱い気がしました。



◆角田光代作品のレビュー
「対岸の彼女」
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本