小さいおうち 他

今回の2本はどちらもTV地上波放送で視聴したもの。

小さいおうち ★★★★★★★☆☆☆
松たか子×妻夫木聡×室井滋といえば「ヴィヨンの妻」を思い出しますが、3人はこちらでも好演。加えて、黒木華の素朴で古風な佇まいも自然に溶け込み、時代物の作り物っぽさを感じない世界観を作り出していますね。
現代のシーンと回想シーンを織り交ぜてメリハリを効かせつつも、全体の展開は平坦。時子と板倉の恋愛模様はあまりはっきり描かれないので、物語の先をワクワクしながら観たいという人にはあまり合わないかもしれません。
それでも、そんな様子を見つめ続けるタキの自伝は面白く、彼女の孫(妻夫木聡)の立場で観ていくと胸に訴えてくるものがありました。歴史を学んできた孫が、戦争を体験した祖母の自伝を否定するシーンなどは特にユーモラスですね。まさに「人に歴史あり」で、著名人でなくとも一人の人間の生きた証しというのは尊いもの。周囲の人々の短い人生の重なりが今の自分を作り出していると思うと、感慨深いものがあります。

小さいおうち [DVD]小さいおうち [DVD]
(2014/08/08)
松たか子、黒木華 他

商品詳細を見る

かぐや姫の物語 ★★★★★★★☆☆☆
まさに動く絵本と呼べる映像が最大の魅力。桜の樹の下で舞ったり、屋敷から猛スピードで飛び出したりするシーンは近年のCGアニメとが違う躍動感があります。ただし、そのおかげで作品にのめり込めたかというとそこまでではありませんでした。物語も知っている竹取物語がベースなので、結末に対するワクワク感はありません。
それでも、個性的な映像表現でありながら根底にジブリカラーがしっかり残されていて、安心して楽しめる内容にはなっています。そして驚いたのは声優のハマり具合。ジブリといえばプロの声優の起用を嫌うため、毎回違和感のある人物が多数出てきてしまうものですけど、今回は主役の浅倉あき、育ての親を演じた地井武男と宮本信子をはじめ、巧い役者が揃いましたね。中でも教育係の高畑淳子と、侍女の田畑智子はお見事! 田畑智子なんか、エンドクレジットを見ないと絶対に彼女だとは気付けませんよ。
スポンサーサイト

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本