Music Review (2015年4月Part1)

Title / Meghan Trainor ★★★★★★★☆☆☆
古くはMadonna、最近ではLady GaGaのように自分らしさを音楽で表現する女性アーティストは多々いますが、体型のコンプレックスを歌うアーティストは比較的珍しい気もします。日本でも"ぽちゃかわ"ということばが出てきましたけど、ここまでのブレイクとなったのはやはり肥満大国アメリカならでは?
全米ナンバーワンになった「(2)All About The Bass」はありのままの自分を好きになってというメッセージもさることながら、ドゥーワップを取り入れたサウンドも印象的。続くシングル「(11)Lips Are Movin」も似た印象を持ったので、アルバムは単調なのかなという心配も杞憂に終わりました。全体的にはアナログ盤が似合いそうなレトロサウンドながら、要所にトロピカルな音を取り入れたりしてバラエティに富んだ作り。これは掘り出し物でした。
ただ、主張がストレートすぎて面白味がないこともあり、今後の方向性は迷いそうな気も…。個人的には、Lily AllenやKaty Perryのような毒気が欲しかったところです。

タイトルタイトル
(2015/03/04)
メーガン・トレイナー

商品詳細を見る

「(3)Dear Future Husband」(US39位上昇中)


True Romance / Estelle ★★★★★★★☆☆☆
前作は2012年の年間ベストに選ぶくらい好きでしたが、EDMの勢いが続く現代、やはりこういったアーティストがアルバムを売っていくのは難しいのかもしれません。聴いてすぐに好きになれるような分かりやすいメロディはないし、彼女のカラーでできることは前作までにやり尽くした感もあります。実際、過去2作で味わったような衝撃はありません。
それでも、このハスキーなヴォーカルは彼女ならではのもので、それだけで気持ちよく聴けるんですよね。レゲエやハウス調のサウンドがさほど得意でない自分も、彼女の声なら受け入れられるし、どれもR&Bとして楽しめる…。と言いつつも、思いっきりソウルフルな「(8)Silly Girls」が最も好きなんですが。
欲を言えば、もう少しヒップホップ色があったらよかったな。

◆前作の評価
「All Of Me」 ★★★★★★★★☆☆

True RomanceTrue Romance
(2015/02/17)
Estelle

商品詳細を見る

「Conqueror」
スポンサーサイト

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本