Rebel Heart / Madonna

Rebel Heart (+5 Bonus Tracks Deluxe Edition)Rebel Heart (+5 Bonus Tracks Deluxe Edition)
(2015/03/02)
Madonna

商品詳細を見る

正直に言ってしまうとね、衰えを感じますよ。パフォーマンス自体はともかくポップ・アイコンとしては…。今の若い子には、Madonnaは若作りしているおばさんくらいにしか映らないんじゃないでしょうか。

今回は、DiploやAviciiといったEDM畑のプロデューサーをメインに起用しています。しかし、バリバリのダンスミュージックになっているかというとそうでもなく、きちんと自身のカラーを打ち出しているところは、さすが30年以上トップアーティストとして君臨するMadonnaと言えるでしょう。
ただ、この個性というのが曲者で、新しい顔と組んでも結局大きなケミストリーが生まれてこないんです。「(1)Living For Love」は懐かしさもあって古くからのファンには受け容れられるでしょうし、それ以降もハジけているようで地に足が付いた楽曲が揃って安心して聴けるんですが、それがそのまま既聴感へと繋がってしまいました。
さらに、期待していたKanye Westとの相性はいまいち。これなら「Hard Candy」の時のPharrellの方が遥かにインパクトがあったな…。

詞の方も、彼女の生き方を高らかに宣言する(1)から、シンプルなメロディで自らの半生を振り返る「(19)Rebel Heart」の間を「(12)Holy Water」や「(17)S.E.X.」のような挑発的な楽曲で構成するなど、ストレートな内容。
そう考えると、このアルバムはある意味、キャリアの中で大きな冒険をし続けてきた彼女流の正統派ポップスなのかもしれませんね。

インパクトを求めると物足りないのは確かですが、その分長く聴けるアルバムであると期待したいです。とりあえず(ステージから転落した)Brit Awardsでのパフォーマンスを見る限りパワーは衰えていないようで一安心。

★★★★★★☆☆☆☆

◆前作の評価
「MDNA」 ★★★★★★★☆☆☆

「Living For Love」(UK26位)
スポンサーサイト

テーマ : アルバムレヴュー
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本