ジャッジ! 他

さよなら渓谷 ★★★★★★★☆☆☆
吉田修一原作としては「悪人」に通ずる重々しさを持った作品。真木よう子が日本アカデミー賞の主演女優賞を獲ったことも話題となりましたね。ただ、邦画は脱げばそれだけで体当たり演技と言われる風潮があるし、個人的に真木よう子は台詞回しに抑揚が感じられないこともあって、主演二人の演技が特別いいとは思いませんでした。むしろ、同性から見ても色気を感じる大森南朋が弛んだ身体を曝け出しているシーンの方がリアルで、本質的なものを伝えているように見えました。
オフィシャルな場でも堂々とネタバレされているので書いてしまいますが、これは過去にレイプ事件を起こした男と、その被害者の物語。男が求められる贖罪というのがある意味最も惨い方法で、それだけで被害者の抱える闇の深さが窺えます。しかし、あえてなのか両者の心理描写がかなり少ないため、難解な上に観る側は推測しても明解な答えが得られず、モヤモヤした気持ちが残りました。

ジャッジ! ★★★★★★★☆☆☆
広告業界の裏側を描いたコメディ。三谷幸喜的なドタバタ感はありますが、あくまで本作は主役の妻夫木聡にスポットを当てています。愛嬌がありすぎるせいで周囲に気味悪がられる役という設定の方に違和感あり。しかし、おバカな主人公でも妻夫木くんなら可愛げがあるので好感を持てるんですよね。
北川景子は本当にメインキャストなの?と思うくらい前半は出番がありませんでしたが、後半は似合いすぎのツンデレ姿を見せてくれて、男性ファンは悶絶モノでしょう。確かに可愛かった…。ただ、恋愛部分は唐突すぎて不要でした。
他にも鈴木京香や豊川悦治、そして日本でもお馴染みの外国人タレントが伸び伸びと演技していて作品の持つB級っぽさがプラスに働いた印象を受けます。必見と言えるほどのパワーはなくても観る人を選ばない作品なので、気軽な作品を求めていたらぜひ一度手に取っていただきたい1枚です。

ジャッジ! [DVD]ジャッジ! [DVD]
(2014/07/09)
妻夫木聡、北川景子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 映画★★★★★レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本