Dubai Duty Free Tennis Championships

 <Quarterfinals>
Simona Halep (1) - Ekaterina Makarova (6) 6-3, 1-6, 7-5
Caroline Wozniacki (3) - Flavia Pennetta (10) 7-5, 6-0
Karolina Pliskova (17) - Lucie Safarova (11) 3-6, 7-6 (7-5), 6-1
Garbine Muguruza - Carla Suarez Navarro (13) 6-7 (4-7), 6-3, 6-3

 <Semifinals>
Simona Halep (1) - Caroline Wozniacki (3) 2-6, 6-1, 6-1
Karolina Pliskova (17) - Garbine Muguruza 6-4, 5-7, 7-5

 <Final>
Simona Halep (1) - Karolina Pliskova (17) 6-4, 7-6 (7-4)


クヴィトワ、イヴァノビッチ、ラドワンスカ姉といったトップ10、そしてドバイで3度の優勝を誇るヴィーナスまでもが3回戦までに敗退するなど、荒れに荒れた一週間。彼女たちを倒したのはスアレス・ナバロにサファロワといった個性派の中堅プレイヤーに、ムグルザ、プリスコワといった新鋭など、面白い面々が勝ち上がりました。

若い(カロリナ)プリスコワとムグルザはともに準々決勝で同胞の先輩を下しての上位進出で、準決勝でも大接戦を演じました。両者とも180cm超の長身を活かしての攻撃的なストロークが持ち味ですが、サービスの破壊力の差が現在のランキングの差になっているのか。プリスコワはGSで3回戦進出が最高ながら、通常ツアーで確実に上位進出を果たす安定感が一昨年後半のハレプを彷彿とさせますね。ハードコート以外との相性は未知数ではあるものの、トップ10入りも時間の問題と思わせる勢いがあります。
ムグルザの方は、GSでも既に実績を残しています。セリーナやウォズニアッキ、ラドワンスカ姉といった強豪にも一歩も退かない攻撃的なテニスだけでなく、ダブルスでも実績を残している注目株。まだまだ試合の中で波はありますが、ガッツ溢れるプレーをする選手だけにまだまだ伸びると期待しています。

波乱の多いトーナメントでしたが、タイトルを獲得したのはトップシードのハレプ。今季3大会目にして早くも2勝目。激戦続きながらも勝負強さを見せた貫録の優勝でした。特に全豪の雪辱を果たしたマカロワ戦のファイナルセットは、死闘と呼ぶにふさわしい激しいラリーの応酬でしたね。ハレプの躍動感あるテニスには毎回惚れ惚れします。あとはネットプレーの頻度がもう少し増えれば…。ストロークの展開力は抜群なんですけど、相手を追い込んでもネットに詰め切れない場面が多々あるのが気になります。
ちなみに、肋骨を痛めたことによりドーハは欠場するそう。ランキングをキープしGSタイトルを狙うには長期離脱は避けたいでしょうから、無理せず休んでもらいたいところです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本