全豪オープンテニス2015 決勝

Serena Williams (1) - Maria Sharapova (2) 6-3, 7-6 (7-5)

世界1位と2位に相応しいハイレベルな試合だったと思います。少なくとも、自分が観てきた限りでは2010年のウィンブルドン以降で初めて、対セリーナの可能性が見えた内容でした。

まぁ、正直、シャラポワが勝てる試合だったとは言えません。第1セットは最初のサービスをダブルフォールト絡みでいきなりブレイクされ、調子が上がってきたかと思ったところに雨の中断が入り、そこから一気に突き放されました。第2セットは一転キープ合戦になりましたが、このセットだけで15個ものサービスエース(SA)を記録したセリーナ相手にはそう簡単にチャンスが得られませんでした。
しかし、計18回ものSAを浴びながらここまでプレーレベルを落とさずがっぷり四つの戦いができるのは、強靭なメンタルを持ったシャラポワしかいないのではと思わせてくれるものがありましたね。マッチポイントを握られた際も果敢にウィナーを奪いにいき、雄叫びを上げる姿に胸が熱くなります。ネットプレーやドロップショットはまだぎこちないながらもしっかりポイントに結び付け、確実な進化を見せてくれました。

そして、ナブラチロワとエバートを上回る19度目のGSタイトルを手にしたセリーナ。シュテフィの22回というオープン化以降1位の記録も夢ではなくなってきました。
彼女の強さはやはり勝つべき場面での集中力でしょう。トップ10相手に昨年は12勝1敗、一昨年も21勝2敗という圧倒的な強さ。さらに2012年以降はGSで7度準々決勝に進んでいますが、そのうち6度優勝しています。舞台が大きくなり相手が強くなればなるほど燃える女…というのは簡単ですけれども、実際にここまで規格外のテニスをされると下の選手を不甲斐ないと非難できなくなりますね。

圧倒的な存在でありながらフレンドリーな性格でツアー仲間からも尊敬されるセリーナと、オフコートでは抜群の人気を誇りつつ、コート上では毅然とした態度でファイターであり続けるシャラポワ。人間的にも優れ、女子テニス界だけでなく世界の女子アスリートを代表する両者はまさしく頂点を争うのに相応しいプレイヤーです。しかし同時に、彼女たちを超える若手がなかなか現れずもどかしさを覚えるのも事実。今回上位進出を果たしたキーズ、ブシャール、ムグルザといったところがどこまで上位を脅かす存在になるか楽しみです。

さて、大会後のランキングも決定。

(1)1. セリーナ
(2)2. シャラポワ
(3)3. ハレプ
(4)4. クヴィトワ
(8)5. ウォズニアッキ
(5)6. イヴァノビッチ
(7)7. ブシャール
(6)8. ラドワンスカ姉
(11)9. マカロワ
(9)10. ケルバー


となります。しばらくはハレプとクヴィトワの3位争い、ウォズニアッキからラド姉までの5位争いが白熱しそうでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

すごい大会でした

お久しぶりです。

この大会は女子はスヴェちゃん始め、シード選手の1回戦敗退から始まり、
でも最期は期待通りのシャラポンとセリーナの決勝。

私的にはRafaの早期敗退とアンディの決勝進出にドキドキしました。

Rafaは虫垂炎の術後だったので、あまり状態は良くない感じでした。
Amélieがやはり虫垂炎の術後、全然ダメダメだったので
予想どおりではありましたが、RGはどうなるんでしょうか。。。

アンディがAmélieを讃えてくれるのがうれしかったです。
このままこの関係が続くのかどうかはわかりませんが
結果は残せたんじゃないかと思っています。

リンジーもコーチで戻ってきましたね。
ラドワンスカのナブラチロワコーチというのも話題でしたし
コーチ陣の顔ぶれが華やかで、これも楽しみのひとつになりました。

イベントでダブルスとかやっていますが
コーチ対決というのも面白いかもしれませんね。

では、次に期待しましょう!



レジェンドたち

お久しぶりです。

全豪は男女とも納得の決勝になりましたね。
全仏までは4ヶ月あるので、ナダルもしっかり戻してくるでしょうね。
やはり赤土では彼に躍動してほしいです。

アメリーがマレーのコーチに就いた時は懐疑的な意見もたくさんありましたし、実際に僕も仲良し師弟コンビで終わってしまうのではと心配していましたが、決勝進出で一安心しました。
ただ、レジェンドコーチが騒がれてはいるものの、真価が問われるのはまだ先かなという気はします。
昨年、マイケル・チャンが錦織くんを覚醒させたくらいのインパクトがほしいところです。

そういえば、ヒンギスがパエスと組んだ複ダブルスで優勝しましたね。
ウィンブルドンあたりでアメリーとマレーのペアが実現してくれないかな…。

Fed Cup

Amélieキャプテンのフランスチームまさかのイタリア戦勝利でした。
初日2戦連敗のあとの3連勝。
最後のダブルスで決まったんですが、
ムラデノヴィッチ/ガルシアがWランキング1位のエラーニ/ヴィンチペアに勝つとはびっくりでした。
見たかったです!

ロシアのキャプテンはミスキナなんですね。
なんだか時代を感じますねぇ。。。
こちらも見たかった。

フランスチーム

フランスvsイタリアは初日で勝負ありと思ったんですが、若手が奮闘しましたね。
しかし、コルネは相変わらずフェドに弱い…。
このままではアメリーの信頼を失いそうです。

ロシアの方は2004年のGSチャンピオンが揃った豪華な面子。
正直、五輪狙いのシャラポワが加入したことでチームワークに難ありなのではという不安もあったんですけど、世界2位の実力はさすがでした。
Twitterでも仲の良い様子がアップされていましたし、これを機にシャラポワが少しでも溶け込んでくれればと期待しています。
プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本