全豪オープンテニス2015 4回戦、準々決勝

初戦でシードペアを下しながらも3回戦で敗れてしまったストーサー&スヴェタペア。敗因はこのハプニングかと…。

 <Fourth Round>
Serena Williams (1) - Garbine Muguruza Blanco (24) 2-6, 6-3, 6-2
Maria Sharapova (2) - Shuai Peng (21) 6-3, 6-0
Simona Halep (3) - Yanina Wickmayer 6-4, 6-2
Venus Williams (18) - Agnieszka Radwanska (6) 6-3, 2-6, 6-1
Eugenie Bouchard (7) - Irina-Camelia Begu 6-1, 5-7, 6-2
Ekaterina Makarova (10) - Julia Goerges 6-3, 6-2
Dominika Cibulkova (11) - Victoria Azarenka 6-2, 3-6, 6-3
Madison Keys - Madison Brengle 6-2, 6-4

 <Quarterfinals>
Serena Williams (1) - Dominika Cibulkova (11) 6-2, 6-2
Maria Sharapova (2) - Eugenie Bouchard (7) 6-3, 6-2
Ekaterina Makarova (10) - Simona Halep (3) 6-4, 6-0
Madison Keys - Venus Williams 6-3, 4-6, 6-4


これを書いている時点で準決勝まで終了してしまったので、展望は抜きでとりあえず結果だけ。

波乱含みのスタートだった今年の全豪オープンでしたけど、ベスト8が出揃った時点でボトムハーフは全員がトップ10シード、トップハーフもGSファイナリストの3人に若手注目株のキーズと、納得の顔ぶれとなりました。
個人的にはラドワンスカ姉vsシャラポワの決勝を期待してたのでラドワンスカの敗退はショックでしたし、こうなったら優勝しちゃってくれ!と応援したヴィーナスも次で姿を消してしまったのが残念ですが、準決勝はアメリカン対決とロシアン対決というなかなか興味深い組み合わせとなりました。

それにしても、シャラポワはマッチポイントを握られた2回戦が嘘のように3回戦以降は完璧な内容。ブシャール戦はさすがに苦しむかと思われましたけど、攻撃型のブシャールを圧倒するパワーと、リーチの長さを活かした守備力、そして近年身に付けつつある軟攻、すべてが噛み合っていました。
ブシャールの方はやはりこのクラスと戦うと対応力のなさが露呈してしまいますね。攻め込まれた時にたまに目の覚めるようなカウンターショットを繰り出すもどれも散発で、後半は完全に圧倒されていました。このあたりは今年研究されて苦しむような気がしますが、それでも2年連続の準々決勝進出は見事でした。

4回戦まではスタートに失敗していたセリーナもシブルコワ戦では立て直してきましたし、この二人が今年もツアーを引っ張る存在になるのは間違いないでしょう。男子同様、若手の躍進がありながらも世代交代が完了するにはまだまだ時間がかかりそうです。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本