Music Review (2015年1月Part2)

Black Messiah / D'Angelo And The Vanguard ★★★★★☆☆☆☆☆
一定数のファンを獲得した2000年前後のネオ・ソウル。その代表格と言えるシンガーが彼。前作「Voodoo」にもハマらなかった自分は本作に対する期待値も高くなかったんですが、ブラックファンとしてはこのお祭り騒ぎに乗らない手はないと思い購入に至りました。
が、やっぱり苦手かも。D'Angeloってこんなにファンクに寄った作風でしたっけ? Sly & The Family Stoneあたりを想起させ、音のうねり具合などは懐かしくも新鮮、しかし心地よさはなしで微妙な感覚。好きな人はとことん好きなんだろうなあとは思いつつも、そのうちの何割かは「D'Angeloを評価できるオレ、かっこいい!」という錯覚に陥っているのではないかと懐疑的になって正しい評価ができません。無難だけど、シングルカットされた「(5)Really Love」あたりが落ち着きます。
今後この作品を好きになったとしても数年後のような気もしますが、とりあえず前2作を聴き込みたいという欲求が強く芽生えたという点ではリリースした意味はあったのではないかと…。

「Really Love」(US R&B43位)


The Pinkprint / Nicki Minaj ★★★★★★☆☆☆☆
Nickiの青写真ならぬ桃写真。
シングル「Super Bass」や「Starships」がヒットしたことが災いし、ラッパーとして正当な評価を受けられなくなってしまったのが本人としても複雑な気分だったのか、前作でメインプロデューサーとして名前のあったRedOneを外し、ヒップホップ色を一気に強めてきました。
とはいえ、奇天烈なトラックとは好対照のキャッチーな楽曲が収録されている点はこれまでと変わりません。Polow Da Donプロデュースでエロスを笑いで表現した「(12)Anaconda」をはじめ、Ariana GrandeやBeyonceをゲストに迎えた楽曲を収録するなど、多方面にアピールしたアルバムになっています。が、それが同時にとっ散らかった印象に繋がってしまうのも相変わらず。今回も彼女のアルバムプロデュース力に疑問を持ってしまう内容ですね。「(2)I Lied」では繊細なヴォーカルが光り、新たな面も垣間見えただけに、器用貧乏で終わってしまっているのが本当にもったいない…。
あ、ちなみに本作は約80分の長編のため、バージョンごとに一部の曲の収録時間が異なっています。曲数が多いお得感で手を出すとガッカリする可能性もあるので要注意!

◆前作の評価
「Pink Friday: Roman Reloaded」 ★★★★★★☆☆☆☆

「Anaconda」(US2位、UK3位)
スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本