Brisbane International

 <Quarterfinals>
Maria Sharapova (1) - Carla Suarez Navarro (7) 6-1, 6-3
Ana Ivanovic (2) - Kaia Kanepi 4-6, 6-4, 6-3
Elina Svitolina - Angelique Kerber (3) 4-6, 7-5, 6-3
Varvara Lepchenko - Alla Kudryavtseva 7-5, 7-5

 <Semifinals>
Maria Sharapova (1) - Elina Svitolina 6-1, 6-3
Ana Ivanovic (2) - Varvara Lepchenko 7-6 (7-2), 6-4

 <Final>
Maria Sharapova (1) - Ana Ivanovic (2) 6-7 (4-7), 6-3, 6-3


シーズン初めはどの選手も実戦不足なので波乱も起きやすいものですが、今年は3大会とも決勝は納得の組み合わせでしたね。

シャラポワはこれで13年連続のタイトル獲得でトータル34勝目。初優勝した2003年以降では、2007年と2009年を除けば複数回優勝していますし、今年も期待できそうです。ハイライト動画しか見ていませんが、以前に比べるとドロップショットやネットプレーなどの柔らかい攻撃が増えた印象。スライスでネットに出るシャラポワなんて初めて見たような気がしますよ。

深センは、クヴィトワを倒し勢いに乗るバシンスキーをハレプが抑えてツアー9勝目。こちらもセリーナの対抗馬として新年から存在感を示してきました。
他にはヴェラの復活が嬉しかったです。準々決勝途中でリタイアしていることを考えると大きくは喜べませんけど、本人はポジティブなツイートをしていましたし、ウィンブルドン以来のツアー勝利で自信を深めてくれるといいですね。

第3のトーナメントであるオークランドではヴィーナスが決勝でウォズニアッキをフルセットで破り、46個目のタイトルを獲得しました。優勝しただけでなく、勝ち上がりのスコアも安定していてまだまだ現役感をアピールしています。また、基本的に彼女はシーズン後半に調子を上げるタイプで全豪や全仏はさっぱりということが多かっただけに、抜群のスタートダッシュを切った今季は否応にも期待してしまいそう。
敗れたウォズニアッキも、あまり相性がいいとは言えなかったゲルゲスやザーラボワ・ストリコワを倒しての決勝進出ですから、まずまずと言えるかな。
逆に、スヴェタは彼女らしい見事な逆転負け。シドニーでもキーズ相手に2セットとも先にブレイクしながら追い付かれていますし、まだ2試合とはいえ今季も胃の痛い試合が山ほど繰り広げられそうな予感大です。

さて、ツアー外に目を移すと、ホップマンカップでポーランドが優勝しました。ラドワンスカ姉にとって決勝でセリーナを単複共に倒したのは大きな自信になったでしょうね。
逆に、セリーナの方はラドワンスカ姉の他にもブシャールに完敗。公式戦でないとはいえ、リズムを掴むにはもう少し時間がかかるでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : テニス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いぬふく

  • Author:いぬふく
  • 趣味は多数。テニスは主にWTA(女子テニス)、音楽はアメリカンR&BとHIPHOP、ゲームと映画、読書はジャンル問わず。
    詳しくはプロフィールページからどうぞ!
最近の記事
カレンダー(月別件数付き)
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


いぬふくの最近観たDVD
いぬふくの今読んでる本